メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ZigZagを使って高値・安値を見る練習

ZigZagはメタトレーダーに標準で入っている
インジケーターです。
高値と安値を線で表示してくれます。

FXでトレードする上で高値、安値はとても重要です。
初心者でイマイチ分かりにくいと感じていたら
ZigZagを使ってみてはいかがでしょうか?

チャートが動いている時にZigZagを見ていると
高値と安値がどんな風に形成されていくかわかりやすい。
直近高値を抜きそうだな・・・とか
今、抜いた・・・とか視覚的にわかります。

FXトレードで大切なトレンドも身につきやすいです。
安値を切り上げつつ、高値も切りあがっているので
上昇トレンド中だなって感じです。

ZigZagを使ってトレンド判断

上のチャートを見てトレンドを感じられますか?
私は上なのか下なのか方向性が分かりにくく、
どちらかと言えばレンジっぽいと感じます。
わかりやすくなるまで様子見と判断しますね。

今度のチャートはどうでしょうか?
Aで直近安値と同じ位の位置で下げ止まって・・・
Bで直近高値を抜いてきました。

さらにCは直近安値のAまで下げないで
Dで直近高値Bを抜きました。
このチャートは上昇トレンドと判断できます。
FX初心者でもZigZagを使うとわかりやすくないですか?

チャートパターンで見てみると
Aで直近安値とほぼ同じで反転した時点でダブルボトムの
可能性を考えながら値動きを追います。

Bで直近高値を抜いて、1個前の高値で止まりました。
この時点でアルファベットのWの字になってます。
一旦下がってきて反転したCがほぼネックラインです。

Cで押し目買い狙いでエントリーしても良いですね。
高値、安値を切り上げたことで直近高値Bを
抜いていく可能性が買いで仕掛ける理由です。
今回は思惑通りにDまで伸びて利益が出ます。

合うかどうかはわかりませんがZigZagの使用感を
体験してみては、どうでしょうか?
チャートに慣れてくると鬱陶しく感じてきます。
そうなったら高値、安値に関してはスキルが
上がったことになるのでZigZagを消せば良いです。

PS

昨日のポンド円はギャップダウン後123円まで戻すも
先週末からの流れ通りに下落しました。
FX革命の4時間足のサインは先週末に出現したので
トレードはありませんでした。

今日は1時間足をサブで使えば上昇トレンドラインを
下にブレイクした時にエントリーします。
理由は日足と4時間足のサインは売りだからです。
直近高値に損切りの逆指値注文をして、4時間足での
スイングトレードに追加エントリーって感じです。

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援お願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレードルール・手法   パーマリンク


ZigZagを使って高値・安値を見る練習 への2件のコメント

  1. tutumi より:

    前回は アドバイス頂けてありがとうございました。

    最近メールが届かないので もしかして (嬉しさのあまり少し脱線し)不快に

    感じられたのではと気にして-ホームページ検索で勉強しながら クリックしてます。

    FXでしたら デモトレードがあるので225ミニより 安全かもしれませんね!!

    これからはトレンドラインが引けた時 エントリーします。

    • 英太 より:

      あれ・・・?返信していない分がありましたか?
      申し訳ありませんでした。

      FXはデモができるから、いろいろ慣れてから
      本番に移行できる点は良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!