ライントレード講座(無料)

ラインを使ったトレード講座

テクニカル指標不要!
シンプルなトレード手法

無料メール講座(現在、休止中です。)
登録フォームはこちら

トレンドラインやサポートライン&レジスタンスラインについて 情報発信している英太です。
もし、テクニカル指標(インジケーター)を使って勝てないと悩んでいるならば、シンプルな手法であるラインを使ってトレードしてみませんか?

ラインを使ったトレードの特徴

1.古くからあるオーソドックスな手法

トレンドラインやサポートライン&レジスタンスラインを使ったトレードは古くからあります。
それゆえ、世界中の市場参加者はラインを見ています。

そして、今後も使われることでしょう。
今後、長く使えるトレード手法のひとつです。

トレード手法に関しても、流行があります。
新しく開発されたテクニカル指標(インジケーター)を使ったり組み合わせ方しだいでは、
多種多様な手法が世に出てきます。

トレードで利益を出すために相場のトレンドには乗りましょう。
でも、トレード手法のトレンド(流行)に乗らなくてもかまいません。

2.どんな相場にも対応可能

相場は大きく分類すれば・・・

・トレンド相場

・レンジ相場

の2種類です。

そのため、テクニカル指標(インジケーター)にも

・トレンドフォロー系

・オシレーター系

と、トレンド相場、レンジ相場に適した2種類あります。

トレンドフォロー系とオシレーター系を使い分けたり、同時に使ったりするトレード手法が開発されます。
組み合わせ方の検証に時間を掛けている人もいます。

その点、ラインを使ったトレードはトレンド相場だろうが、 レンジ相場だろうが、両方に対応できます。

もちろん、為替相場だけではなく株式投資でも使えます。
チャートを使う投資であれば、基本的に対応可能です。

3.トレードスタイルを問いません

トレンドラインやサポートライン&レジスタンスラインを 身に付けるとスキャル、デイトレ、スイングトレードなど
いろんなトレードスタイルにも活用できます。

どんな時間足でもラインは使えるってことです。

ラインを使ったトレード講座から得られること

ラインを使うのは、なぜか?
トレンドラインやサポートライン&レジスタンスラインを 使って、トレードしているのか、それには目的があります。
FXで稼ぐために必要な2つの条件とは?
為替相場から利益を得るためには条件が2つ必要です。
その条件をクリアしなければ順張りだろうが逆張りだろうが、 FXで稼ぐことはできません。
トレードで勝つためにはトレンドと友達になることです。
トレンドとケンカしないで仲良くすることは勝利の鉄則です。
それほど重要なトレンドを把握するために注目すべき ポイントがあります。
トレンドラインの引き方
多くの人が勘違いしているトレンドラインの引き方があります。
基本を理解していないから、生まれる誤解が原因です。
自分ではトレンドラインを引いているつもりでも 間違っていれば、負けてしまうのも仕方ありません。
どこで上げ渋るか?、どこで下げ止まるか?

為替相場の未来は終わってみないと誰にも分かりません。
「上げ渋るだろうポイント」や「下げ止まりやすいポイント」が ビックリするほど判断する方法はあります。

それが、サポートライン&レジスタンスラインです。
相場に100%の正解はありませんが、有利に戦うことはできます。
サポートライン&レジスタンスラインを知っているか、否かで、優位性は変わります。

トレード手法は分類すればシンプル

トレード手法に聖杯を求めてしまう人は特別な方法が あると信じ込んでいます。
しかし、大きく分類するとトレード手法はシンプルです。

このことが分かればトレードで利益を得るために必要な知識は、 実を言えば、そんなに多くありません。
無駄に知識を増やすよりも、より深い理解をした方が得策です。

FXで利益を得るためには・・・
為替レートの○○ゲームに勝つのではなく、
為替レートの○○ゲームに勝つことです。
詳細は無料メール講座(現在、休止中)
矢印
登録フォームはこちら

【受信拒否について】
上記メルマガは、メール最下部に記載されている 解除URLをクリックすることによっていつでも配信を停止することができます。
また、メールに記載されている連絡先への通知及でも解除を申請できます。

【メルマガの内容について】
上記メルマガには、商品やサービス等に関する情報提供及び 広告・宣伝を含む場合(特定電子メール)があります。
メール通信講座終了以降も、随時最新情報をお届けする場合がございます。

【特定電子メール配信の同意について】
上記フォームを利用して、当メルマガに登録することによって 特定電子メールの配信に同意があったものとみなします。