FXとは

FXとは「外国為替証拠金取引」のことです。
英語(Foreign Exchange)の頭文字を取っています。

例えば・・・
ハワイ旅行に行く時に日本円を米ドルに交換します。
このように通貨を交換することを為替と呼びます。

円高?円安?

よくニュースで「円高」とか「円安」とか聞きますよね。
これは米ドルに対して日本円の価値が高くなったのか、
安くなったのかを指しています。

ドル円が100円から105円になった時には
1ドルに交換するために100円だったのが105円必要になります。
交換するために5円多く必要ですので5円価値が安くなります。
ですから「円安」になります。

円高は逆にドル円が100円から95円に下がった時に使います。
今まで1ドルに交換するために100円必要だったのが
95円になって日本円の価値が5円高くなったことになります。

恥ずかしい話ですが・・・
海外旅行に行くまで、まるっきり逆に考えていました。
円高なんだから100円が105円になるんだよなって。
そんな経済音痴でも為替で取引できるんです。

このように為替の値段は経済状況や金利など色々な条件で
高くなったり、安くなったり変動します。
この変動差を利用して利益を得ることがFXの基本です。

FXで儲かる仕組み

ドル円が100円の時に買って、105円の時に売れば
5円儲かります。

100円 → → → 105円

1ドルしか買っていないと5円の儲けですが
1万ドルならどうでしょうか?

「そうですね、5万円儲かります^^」

5万円は魅力だけど・・・
1万ドル買うってことはドル円が100円の時には

「100万円!そんなお金無いよ」

「小額でも証拠金取引ならできるんだ」

証拠金取引とは?

ここで1番初めに紹介して説明していなかった
証拠金取引という制度を利用します。
FX取引業者に証拠金を預けることで・・・
証拠金以上の取引ができる制度です。

少ない資金で、より大きな投資ができるのです。
FXの魅力のひとつです。