メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

FX初心者こそ、為替の終値を意識しましょう!

エントリーに関して、よくある質問の一つに

『終値確定でエントリーしますか?
 それとも、途中でエントリーしますか?』

ってのがあります。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

 

FXのエントリーに悩む

もちろん、質問したくなる気持ちは分かります。
ただ、言えることは質問の背景には、

【1回のトレードで、できるだけ多く稼ぎたい】

という、欲望が丸見えなんですよね。

当たり前ですけど、順調にエントリー方向へ値動きした場合、
途中でエントリーした方が利益は出ます。
でも、その逆の値動きをする場合もありますよね。
場合によっては、利益どころか損をするケースもあります。

そもそも、終値が確定したらエントリールールを満たしていなくて
トレードをしていなかった場合もあるでしょう。
そんな時は、終値が確定するまで待てば良かったと後悔します。

だから、冒頭の疑問が浮かぶんですけどね・・・。
結局、相場は終わってみないと分からない不確実な世界です。

終値を確認した方が上手くいく時もあれば、
途中でエントリーした方が上手くいく時もあります。

為替相場には正解が無いので、ケースバイケースです。
こういった判断は裁量部分になるので【経験値】によって、
差が出てしまっても仕方がないんです。

終値を意識したテクニカル分析

じゃあ、初心者や初級者はどうすれば良いのか?と言えば、
私の考えは終値を意識してもらいたいです。
もしくは、あなたが使っているインジケーターに合わせて
決めてください。

例えば、多くのトレーダーが使っている移動平均線は
ほとんどの人が終値を使って計算しています。
ボリンジャーバンドも考え方は同じです。
MACDは指数移動平均線(EMA)が基本ですから同じく終値です。

つまり、終値を使ってテクニカル分析をしているんです。
ってことは、終値を重要視していますよね。

以前、【ローソク足チャートを使っている理由は?】で
書きましたが、ラインチャートだけで稼いでいる人もいます。
このラインチャートも終値をプロットして結んでいるだけです。

だったら、経験値が少ない内は終値で考えたら、どうでしょうか?
安定して勝てるようになってから、上を目指しましょう!!

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), 移動平均線   パーマリンク


FX初心者こそ、為替の終値を意識しましょう! への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    そうですね終値を確認してからの方がいいのか・・・確かにケースバイケースですね。。
    トレードの方法にもよりますし一概には言えないですよね^^
    やっぱりAVに関してもシシュエーションで萌える事もあるし、プレイ内容で萌える事もあるし一概には言えない・・・ケースバイケースでしょうかこれも。w

    • 英太 より:

      ケースバイケース、こればっかりは一言では難しいですね。
      人にもよるし、相場にもよるし、トレードスタイルにもよる・・・
      まったく同じトレードってのは、ありえませんから。

      たしかに、オーディオ・ビジュアルの世界もシチュエーションによって音の響きが違うし、
      プレイするジャンルによっても音質が変わります。
      って、そういうことですよね?^^ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!