メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

FXバックドラフト理論は買いか、見送りか?

FXバックドラフト理論の問い合わせが増えています。
11月9日までバージョンアップ特別キャンペーンを
実施している関係で興味を持った人からの相談メールです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

以前、記事に書きましたがFXバックドラフト理論と
恋スキャFXビクトリーDX完全版で購入を迷いました。
その時も問い合わせが多く、同時に2本は必要ないので
いろいろと悩んで恋スキャにしました。

理由は、たくさんの動画や質問ができるサポート体制と
レンジのロジックが欲しかったからです。
その点、FXバックドラフト理論はサインツールで
トレードについて学べるかが疑問でした。

その後、FXバックドラフト理論は販売停止になりました。
バージョンアップして再度、販売がスタートしています。
追加のひとつトリプル・プロフィット・ターゲット(TPT)は
決済に悩んでいる人には魅力的でしょうね。

分割決済する目標を3段階でチャートに表示してくれます。
どこでエグジットして良いかわからない人でもサインが
教えてくれるわけです。

上はトリプル・プロフィット・ターゲット(TPT)を
紹介している動画です。

早送りの動画でわかりづらかったので実際のチャートを
探してきました。
上のチャートが動画と同じ日のユーロドル5分足です。

上向き矢印が買い(ロング)、下向きが売り(ショート)。
結構、いいところでサインが出ていますね。
サインだけに頼った無裁量トレードを目指す方には
使えるかもしれません。

この動画の期間だけをみると、どちらかと言うと
ブレイクアウトを狙っている感じがします。
もちろん、詳細はわかりませんので想像です。

サインが出てからエントリーした場合には
あまり伸びずに一旦戻しがあるトレードもあります。
これはブレイクアウト狙いでは仕方がありません。

それが嫌なので、私はブレイク後の戻りを狙います。
これはどちらが良いかは相場しだいです。
ブレイクした途端に伸びる時もあるし、戻りがあって
再度、伸びる場合もありますからね。

いづれにしても、こういったサインツールは自己都合で
エントリーしたり、見送ったりすると逆に勝てません。

自分で勝手に判断すると、見逃した時ほど相場が大きく伸びて
エントリーした時はダマシになって2重のストレスを感じます。
「もう、や~めた」と使わないサインになってしまいます。

サインツールや自動売買ツールは信頼関係がないと
トレードに躊躇してしまうものです。
特にロジックがわからないブラックボックス状態だと
なおさらです。

デモトレードや小ロットで検証をした上でルールを作って
エントリーを選別する必要があります。
せっかく購入したなら検証しつくして勝ってくださいね。

FXバックドラフト理論のHPから引用すると

ほとんどのテクニカル分析は、相場の方向性がわかった後で、
一定時間以上遅れてシグナルを出すということです。
それは、多くのテクニカル分析の計算式を見ても明らかです。
(引用元 FXバックドラフト理論【FX-BACKDRAFT】

このことに気づいているので、私はラインを重視しています。
チャートがメインでテクニカルはサブで使っています。
必勝法を探している人がいますが、テクニカル分析は
しょせんは計算結果です。

テクニカル分析とチャートの組み合わせを学ばないと
勝てるトレーダーにはなれないでしょう。
はじめのうちはサインに頼るのも良いけど
たくさんチャートを見て学ぶことも大切ですね。

最後に、私が目指しているのは無裁量トレーダーではなく
裁量+システムトレーダーです。
だから、FXバックドラフト理論の購入は迷います(笑
持っている方で情報があればコメントくださいね。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX教材   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!