メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

高値と安値を意識してトレードすれば大負けしない

ユーロドルは朝から下降トレンドラインに沿うように
下落していきました。
ダブルボトムの可能性があったサポートライン(支持線)も
簡単に陰線1本でブレイクダウンしました。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

今回みたいに、あっさり下抜けしてくれると逆張り発想の
買い指値でエントリーしていないかぎり巻き込まれませんね。
ラインを挟んで行ったり来たりされることもありますから
判断しやすい値動きは大歓迎です。

しかし簡単にブレイクした割には下落の勢いは加速しないで
白い四角内でもみ合った後は上昇していきました。
そして、一つ目の下降トレンドラインを大陽線1本で
勢いよく上抜けていきます。

その後は売り買いの攻防が続いて上下の動きが出ました。
今日も、まだまだ売り目線でチャートを監視します。
緑のレジスタンスラインや上の下降トレンドラインが
上にブレイクされてから見直します。

上のチャートはユーロドル4時間足です。
もし、昨日の安値を下にブレイクしていったとしたら
1番、2番、3番のサポートラインを順番に意識するかを
確認しながらチャートを監視していきます。

昨日のように意識されず簡単に下割れすることもあるし、
手前で反転することもあります。
目標もなく監視するよりもポイントとなるラインを引いて
値動きを見た方が、私はトレードしやすいです。

昨日から一段と寒くなりましたが、この時期になると
思い出すのがマラソン大会です。
はっきり言って、長距離を走るのが苦手です。
なぜ苦しい思いをして走らなきゃいけないかと思ってました。

あなたが長距離を走るのが好きなら、わからないと思いますが
苦手なモノは苦手なんです。
こんな苦しい思いをしなくても冬はサッカーだろっ!と
イヤイヤ走っていました。

学校の外を走るマラソン大会なんて、仮病をつかって
サボりたかったくらいです。
そんな中、目標にしていたのが電柱です^^
1本、1本電柱をクリアしていきながら走ってました。

長距離が好きな人はゴールしか見てなかったんですかねぇ。
まぁ、マラソンの話はこれくらいで・・・・
チャートを見る時には息は切れませんが、似たような感じで
目標をみつけながら監視しています。

高値と安値を意識してトレードしよう

今回は10月の上昇トレンドで押し目となっている安値を
意識すると考えてサポートラインを引きました。
高値と安値は現在に近ければ近いほど意識されます。
1ヶ月も前の安値を絶対に意識するかは、わかりません。

3番のサポートラインは意識される可能性が高いです。
8月末からの下落は3番の安値で反発しているからです。
日足など長い足で見た直近安値を切り下げていくのか
それとも反発するかで相場の方向性は決まります。

将来、どうなるか分からないチャートを見る時に
基本となるのはトレンドです。
何度も書きますが定義は

◆上昇トレンドとは
前の主な高値を上回る高値をつけ、
前の主な安値を下回らないで推移すること

◆下降トレンドとは
前の主な安値を下回る安値をつけ、
前の主な高値を上回らないで推移すること

今は下降トレンドと判断しています。
下降トレンドが継続しているかどうかは

・前の主な安値を下回っていくか?
・前の主な高値を上回っていくか?

はっきり言って見ているのは、これだけです!
前の主な安値を下回れば下降トレンドは継続ですし、
前の主な高値を上回ればトレンドが変わる前兆になります。

高値と安値を監視するだけでも勝てるようになれます。
最低でも大負けは、あなたのトレード記録から消えます。
重要な高値や安値をブレイクしても損切りをしないから
損失が膨らみ続けるのです。

あなたのトレードする時間軸で重要な高値、安値を見つけ
ラインを引いて、意識するかどうかを監視してみてください。

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしていますので
興味があれば登録してくださいね。

⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャート分析, トレンド, 高値・安値   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


高値と安値を意識してトレードすれば大負けしない への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    自分走るのはけっこう好きだったんですが、今走ったら20m位で足がもつれて転ぶ自信あります!w
    トレードライフはゴールのないマラソンって感じがするんでマイペースで淡々と行こうと思います^^
    近道があるといいんですけど、そんなものないですからね~><

    • 英太 より:

      走るの好きだったんですかぁ、うらやましいです。
      いやいや、もつれるのは飲みすぎだからでしょ^^

      たしかにトレードライフにはゴールは無さそう。
      ボチボチ付き合うのが1番でしょうね。
      のんびり行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!