メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

逆指値の使い方

逆指値注文を使っていますか?
FX初心者は逆の注文といってもピンとこないかもしれませんが
とても便利なシステムです。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

逆指値をエグジット(決済)で使う

逆指値の使い方として損切り(ロスカット)に活用します。
例えばポンド円を118円で買い(ロング)しています。
サポートライン(下値支持線)を下抜けた場合に備えて
117.5円で損切りしたいとプランを立てます。

この時に指値注文を117.5円売りで設定してしまうと
その瞬間の為替レートで決済されてしまいます。
指値注文の場合は117.5円売りで設定すると
117.5円以上なら売れてしまいます。

損切りの場合は117.5円以下で売ることが希望です。
こういう条件の時に有効な注文方法が逆指値注文です。
為替レートが117.5円より高い時に逆指値注文を設定しても
その瞬間に決済されることはありません。

チャート画面から目を離すときや仕事やレジャーなどで
外出するときにも安心して損切り注文を出すことができます。
逆指値注文を使えば損失を限定する目的が達成できます。

逆指値をエントリー(仕掛け)で使う

先日、ナンピン、逆張りをしてしまう理由を書きました。

・高値を更新したら買い場をさがす
・安値を更新したら売り場をさがす

例えば

・レンジ相場でレジスタンスラインを超えたら
 買い(ロング)でエントリーしたい時。

・移動平均線を越えたら買い(ロング)したい時

など、上がる方向に買い(ロング)でついていきたい時には
指値注文ではできません。
注文時の為替レートが117.9円の時に118円で指値注文すると
その瞬間にエントリーしてしまいます。

117.9円の時に118円の指値買い注文なら喜んで売ってくれます。
118円以上でなければレジスタンスラインで跳ね返される可能性が
あるので、トレードプランとは違うポジションになります。

こんな時にも逆指値注文が活躍します。
118円以上になったら買いたいと逆指値注文するだけです。
パソコンの前にいようが、外出していようが118円以上になったら
買い(ロング)ポジションを持つことができます。

逆指値注文はトレンドフォローロジックに最適

私がよく使う方法を紹介します。
あまり短い時間足では注文があわただしくて使いませんが
長い時間足で使っています。
逆張り狙いではなく、順張り狙いのエントリー方法です。

上のチャートは4時間足です。
青線は上昇トレンドラインで、このラインで反転するなら
買い(ロング)たいとプランを立てます。

なるべく近くでエントリーしたいので引きつけます。
まず陰線の高値であるA以上になったら買いと
逆指値注文を出します。

次の陰線では高値Aを越えませんでした。
この陰線が確定後、逆指値注文を高値Bに変更します。
すると次の陽線で高値Bを越えるので逆指値注文が執行され
買い(ロング)ポジションを持つことができます。

この方法は損切り(ロスカット)ラインが明確ですよね。
直近安値を割ったら決済するように逆指値注文します。

どうでしょうか?

安くなったら買うのではなく、高くなったら買うという
トレンドに合わせた方法になりますよね。
もちろん100%の方法ではなく、負けることもあります。

トレンドの反転を狙う方法のひとつだと考えています。
買ってから損失は限定し、利益を追求できます。
逆に下がれば逆指値注文で損切りするだけですからね。

トレンドフォローロジックで順張りするときには
有効な方法のひとつと考えています。
この逆指値のエントリー方法を活用できれば
オシレーター系のテクニカル指標は必要なくなります。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), トレンド, 損切り(ロスカット)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!