メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

逆張りの逆転の発想はトレンドフォロー!

ユーロドルは2012年が始まっても下落の流れは変わりません。
そろそろ下げ止まるはずだとか思い込みで買いポジションを
持つのは、くれぐれもやめましょうね。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

日足チャートを見るとわかるように昨年の10月末からは
高値を切り下げ、安値を切り下げる下降トレンドが継続中。
大陰線が何ヶ所も出現し、下落の勢いを感じます。
陽線が出ても、それ以上の陰線で値を下げています。

中途半端に買いエントリーすれば下落に巻き込まれます。
大きなトレンドに逆らって買いで利益を出そうとするなら
あなたの時間軸でポイントまで待ってトレードしましょう。

ユーロドル1時間足を見てもきれいに下降チャネル内で
相場が動いています。
売り(ショート)なら下降トレンドラインまで待ちます。
また下降トレンドラインを上抜けたとしても緑線の
レジスタンスラインが機能する可能性があります。

緑線の役割が変わってサポートラインとして機能するまで
買いエントリーはしません。
大きな流れは弱気相場なので売り狙いでいきます。

為替のメリットはトレンドが出やすいことだと思うので
損切りを喰らうまでは、とことん売りトレードです。
ユーロドルは、すでに2ヶ月続けて下降トレンドです。
その間に短期的には上昇しているので買いでも勝てます。

先週から始まった下降チャネルなんて上昇するというより
横ばいで下降トレンドラインにぶつかっています。
中途半端な値位置で売っていても、ほとんど含み損を抱えず
利益に変わってしまうような相場展開です。

この下降チャネルで買いエントリーして損失を出した人は
いったんトレードをするのを止めて徹底検証しましょう。
そのまま続けても負け癖が付くだけですからね。

逆張りをしてしまう理由

日本人は逆張り狙いの人が多いと、よく言われています。
トレンドに逆らう癖を治すだけで勝てるようになる人は
ホントたくさんいます。
勝てないとメールをくれる人も、ほとんど逆張りです。

私が考える逆張りをしてしまう理由は2つあります。
ひとつは値頃感でトレードしてしまうことです。
「そろそろ下げ止まりそう」とか「もう上がらないでしょ」と
特に根拠がないのに相場転換を予想してしまいます。

値頃感でトレードしてしまう人は何度か過去に勝った経験が
あるのだと考えられます。
これも悪い経験のひとつですが、逆張りで勝った快感が
何度も値頃感で狙ってしまうのでしょう。

もうひとつが天井と底を狙ってトレードすることです。
天井や底でエントリーできれば利益は大きいですから
これまた1度経験してしまうと狙いたくなります。
買ったら急上昇、売ったら急落したら興奮しますよね。

物事が上手くいかない時の対応策はいろいろあると思いますが
その中のひとつに「逆転の発想」があります。
真逆に考えてみることで現状を打開するのです。

逆張りで勝てない人ならトレンドに乗ることを考える。
トレンドに乗るのが下手なら逆張りを検討してみる。
ただし、注目する点は為替はトレンドが出やすいことです。

つまり、トレンドに乗ることができるようになった方が
為替相場では有利だと考えられます。
私自身もトレンドフォローにしてから変わりました。
勝てない人はトレンドに乗ることを学んでください。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: トレンド, トレードプラン, 逆張り   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!