メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

負けトレード自体に後悔しないで納得できるか?

負けトレードで損失を出せば悔しい気持ちになるものです。
大事な投資資金が減るわけですから当たり前です。
だけど、負けトレード自体には納得してサバサバした気持ちで
次のエントリーチャンスを狙うトレーダーを目指しましょう。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは前日の流れ通りに上昇する形となり上ヒゲが1本、
レンジ上限近くまで伸びました。
ただ、全体的に見るとレンジ内で揉み合っていました。
午前3時のFOMCの影響か、急落してレンジを下抜けています。

これで売り目線でチャートを監視します。
機能していたレンジ下限はレジスタンスゾーンと考えられるので
もし、戻ってきたら売り狙いでいきます。

納得の負けトレードにはトレードルールが必要

では、納得するトレードとはどういうトレードか?
自分で作成したトレードルールにしたがって取引することです。
そのためにはトータルプラスになるよう検証に検証を重ねた
優位性のあるトレードルールを作成する必要があります。

一旦、エントリーしたら勝つか、負けるかを決めるのは相場です。
為替相場をコントロールすることは一般投資家には不可能です。
だから損失を出したとしてもトレード自体には納得できるような
ルールを作成するわけです。

こうして作られたトレードルールにしたがって取引をした時に
負けトレードでいちいち後悔していたら、やってられません。
下手をするとエントリーすることが怖くなってしまいます。

野球には得点圏打率というのがあります。
これは、2塁または3塁に走者がいる時の打率のことです。
2塁や3塁に走者がいるとヒット1本で得点が入る確率が高く
得点圏打率が高いということはチャンスに強い選手です。

だから2塁や3塁に走者がいる時にヒットを打てばヒーローとなり
応援しているファンからは大歓声が上がります。
逆に、打てない時にはガッカリしたり、野次られます(><)。
ファン心理で言えば、一喜一憂しても良いのです。

これが打者サイドから見ると話は変わってきます。
例えチャンスでヒットが出なかったとしてもバッティング自体は
納得していれば本人は割り切らないと仕方ありません。
自分のバッティングが出来ていれば次につながります。

ここで得点できなかった結果に対して後悔してしまうと・・・
かえってスランプになる可能性がでてくるのです。
ちなみにシーズン得点圏打率の日本記録は落合博満氏の.492です。
超一流選手でも5割打つことはできないってことです。

トレードも似ています。
結果に対して喜んだり後悔したりするのはファン心理と同じです。
FX口座からログアウトしてから損失を出してしまったなぁと
悔やむのは人間ですから仕方ありません。

でも、トレード自体を悔やんでしまうのはダメです。
野球と同じように調子を落としてしまうきっかけになります。
自分の形でトレードできていれば結果は問題ではありません。
納得したトレードなら次につながっていきます。

そのために負けトレードでも納得できるルール作りは必須です。
あなたのトレードルールさえできれば勝っても負けても
気にしない、気にしない!
勝ちトレードで確実に利益を稼ぐことに集中しましょう。

PS

優先順位は資金を守ること、増やすことは二の次!】では
資金管理の重要性を意識してもらいたくて書きました。
ただ、思いのほかポジポジ病の人からメールやツイートでの
反響があってビックリしています。

ポジポジ病でもトータルプラスであれば、それはそれで
その人にとってのトレードスタイルかもしれません。
何度もエントリーできるチャンスを見つけることができる手法を
使っている可能性があるからです。

問題は、負けトレードで納得できるか?です。
もし納得できていないなら無駄なトレードをしている可能性が
とてもとても高くなります。
その場合、トレードルールが無いか、破っているかでしょうね。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), トレードルール・手法, トレード検証   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!