メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

負けて、心に余裕がない時こそ「休むも相場」

人は多かれ少なかれ、勝っている時は有頂天になるし、
負けている時は気分が落ち込みます。
勝っている人が相談メールをくれることは、ほとんど無くて
あったとしても税金対策に関することです^^;

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは窓をあけて(ギャップダウン)始まりました。
窓を埋めたあとは、金曜日の高値を試すこともなく下落します。
ゴルスパ1時間足チャートを見ると高値切り下げラインと
安値切り上げラインの揉み合いを下に抜けたのがわかります。

さらに、すぐ下にあるサポートライン(太い紫線)を下抜けると
売り手が有利となって下落は加速しました。
ラインがあることで買い手と売り手の心理が丸見えです。

大きく見ると揉み合い相場の上限ゾーンで押さえられて
また、戻ってきてしまいました。
昨日は上限ゾーンからの売りですから安心トレードでしたが
今日は、上下どちらに行くか、注意していきます。

負けて落ち込んだ時は「休むも相場」

相談メールを送ってくれる多くの人は勝てなくて悩んでます。
その中でも気になる人たちがいて、負け続けている割には
リアルトレードを継続しているんです。
だから、どんどん資金は減っていきます。

FXで負け続けて損失を出している時は心に余裕がありません。
投資は「余裕資金で行うこと」という大原則があります。
生活資金が無くて、今月の電気代やガス代をFXで稼ごうとすると
精神的にプレッシャーが襲い掛かります。

そんな中でも平常心で利益を出せる人は、ごくわずかでしょう。
ほとんどの人は「恐怖と欲望」に負けてしまいます。
同じように「余裕資金」だけでなく、「心の余裕」も重要です。

高校野球では一人の投手が1回から最終回まで投げきる
先発完投型のチームが、まだまだあります。
一方で、プロ野球では先発、中継ぎ、抑えといった投手分業制が
主流をしめています。

誰を、どの部分で投げさせるかは監督や投手コーチなどの
首脳陣の手腕にかかってきます。
どういう基準で選ぶかは、ピッチングの質も大切ですが
各投手の性格も大きく影響します。

先発投手は中5日、6日と投げる日に間隔があきます。
逆に中継ぎ投手の場合は毎日でも投げることがあります。
失敗をしても先発投手は数日は頭を冷やすことができます。
しかし、中継ぎ投手は、そんな時間は無く、翌日も投げます。

ただ、性格的に何日も考えてモヤモヤするくらいだったら
翌日にでも失敗を取り返したいと考える投手もいます。
こういう性格の人は中継ぎ投手に向いています。

FXでも中継ぎ向きの性格の人はいるかもしれません。
でも、ほとんどの人は「損失を取り返したい」と熱くなるために
冷静になれず、失敗を繰り返すパターンになりやすいです。
私は「心に余裕が無い時は休むも相場」を推奨しますね。

追い込まれた方が良い結果を生む性格なのか、
それとも余裕があった方が良いのか、人それぞれです。
何度も言ってきましたが、こういうのも含めて「自分探し」です。
自分自身を理解することがトレードの成功の秘訣です。

最後にトップトレーダーと呼ばれる人たちの言葉を紹介します。

負けが続いている時の対処法は?
私はトレードの量を押さえる事によって対処する。
そして、何もせずに待つんだ。 byエド・スィコータ

自分の判断が間違ったために損をした場合はどうするの?
1日休みを取る。 byトニー・サリバ

トレーダーは「己を知る」ことが、
感情を抑える上で必要となるのだ。 byブライアン・ゲルバー

以上、「マーケットの魔術師」より ジャック・D・シュワッガー

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ゴールデンスパイダーFX, トレードルール・手法, 投資マインド, 相場格言・名言   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!