メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

読めないチャートを攻略しない!

わかりやすいチャートやきれいなチャートだけトレードすると
今まで何度か話してきました。
あなたにとって、わかりにくいチャートでトレードしても
勝つかもしれないけど負ける可能性が高くなります。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは下値を固めてから下降トレンドラインをブレイクし
上昇していきました。
短期的には買い目線で監視しつつ上昇トレンドが崩れたら
売り目線に変更します。

読めるチャートを選んでトレードすること

昨日、FX-Jinさんの出版記念無料オンラインセミナーでも
同じようなことを言ってました。
Jinさん、いわく「読めないチャートを攻略しない!」です。
読めない、読みにくいチャートはトレードしないことが重要です。

読めるとか、読めないとかの要因のひとつに経験値があります。
つまり初心者ほど読めないチャートの割合は多くなります。
でも、これは仕方がないことで対策は経験を増やすことです。
読めないことが悔しかったら継続的に学んでいきましょう。

現時点のレベルで読める、わかりやすいチャートを選んで
トレードチャンスを待てば良いです。
チャートを選ぶことをしないでチャンスばかり狙っていると
いつの間にかポジポジ病になってしまうかもしれません。

ラインを引く目的は強気か弱気か判断するためと書きました。
他の言い方をすればチャートをわかりやすくする目的のために
トレンドライン、サポートライン&レジスタンスラインを
引いています。

ラインチャートやローソク足だけで稼ぐトレーダーもいます。
私は、それだけではわかりにくいのでラインを引いているんです。
チャートにラインを引くことでわかりやすくしているわけです。
あとは機能しているラインにしたがってトレードするだけです。

上のユーロドル1時間足チャートを見ると下降トレンドラインを
1本の陽線が上抜けています。
そして、それ以降は下降トレンドラインを交差することもなく
上昇しています。

今回は私が引いたトレンドラインにとって、わかりやすいです。
ラインについて書いていると次のような質問を何度も受けます。

「ラインを何度も交差すると損切りばかりでうまくいきません。
 何か対処法はありませんか?」

ラインの引き方に問題が無いとすると答えはシンプルです。
何度も交差するってことは、わかりにくいチャートです。
Jinさん風に言えば「読めないチャートは攻略しない!」です。
そういうチャートではトレードしないことを選択しましょう!

昨日のユーロドルのようなわかりやすいチャートを狙うか、
ラインを抜けたことがハッキリわかってから狙います。
攻略しにくいチャートを無理に攻略しようとするから
最悪の場合、往復ビンタの損切りを喰らいます。

「はぁ~ぁ、やっぱりラインは使えないやっ!
 きっと他に稼げる手法があるはずだ。」

と、別の稼げる手法を探す旅の始まりです。
でも、他のトレードロジックでも、わかりにくいチャートは
当たり前ですが、あります。
メリットばかりの手法なんてありません。

例えば初心者向けに紹介しているFX革命はトレンドフォローの
ロジックを使います。
つまりトレンドが出ているチャートはわかりやすいので
サイン通りにしたがうと勝つ可能性は高いです。

逆にFX革命で使うインジケーターはレンジ相場は読みにくいです。
だからレンジ相場ではトレンドフォローのロジックを使って
攻略することは向いていません。

チャートが読めるスキルをマスターすることは大切です。
あなたにとって現時点で読めないチャートは攻略しないことです。
これが損切りとは比較にならないほど重要な資金を守る方法です。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャート分析, トレンド   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


読めないチャートを攻略しない! への2件のコメント

  1. ひろ より:

    英太さん、今回も私の質問にご丁寧に
    お答えいただきありがとうございました。

    本当なら直ちにお礼の書き込みをするべきところですが
    お礼の書き込みをせずになにをしていたかというと・・・

    ニヤニヤしていました(笑)

    そういうことかと・・・(笑)

    ニヤニヤしていました・・・(笑)

    線を引いては・・・(笑)

    ニヤニヤしていました・・・(笑)

    おそるべしトレンドライン!!!

    自分で描いたラインでローソク足が止まった時

    そしてグングン上にあがるあの快感・・・(笑)

    ニヤニヤしてしまいました・・・(笑)

    ラインの描き方について特に今回は足をポン!と叩き

    引けば引くほど足をポンポンと叩いていたので今は少し打撲というか

    打ち身の症状です(笑)

    参考にしようと過去のブログを拝見して

    トレンドラインは「高値と安値を更新しながら・・・」のくだり。赤い字で。

    あれを解説している本やブログはないと思います。(僕が無知なだけ?)

    趣味がトレンドライン引きになりそうなくらい自分の脳みそに吸収されました。

    本当にありがとうございました。

    参考までに英太さんは2点でラインを引かれるとのこと。
    素人にわかりやすく、上級テクニックを
    いくつか例を示して解説していただくとうれしいです。
    よろしくお願いします。

    英太さん、本当にいつもありがとうございます。

    • 英太 より:

      ニヤニヤですか?^^w

      喜んでいただいたみたいで私もうれしいです。
      読者さんからの反応があるとモチベーションが上がります。
      何も無いと、ホント寂しいですからね^^;

      趣味がトレンドライン引きですか?
      FXやっていないと何のことだかわからないでしょうね。

      2点で引くラインについては、ひろさんは勘違いしてますよ。
      あの記事で書いた通り、トレンドが出来た時点で引くだけです。
      もう一度、じっくりと読んでみてください。

      ひろさんの意図しているラインは、やっぱり点が多い方が
      機能します。
      永遠に続くトレンドは無く、最終的には崩れるので、
      そこが損切りポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!