メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

自分のことを理解してトレードしてますか?

FXで稼ぐことができる手法はネットで探せば、いっぱいあります。
その中から、どれを選べばよいのか困ってしまうほどです。
私は負けてばかりの頃は勝てるか、否かで選択していました。
あなたがトレード手法を選ぶ基準は何ですか?

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

先週金曜のユーロドルは前日高値を更新できず下落しました。
高値を切り下げ、安値を切り下げる形で一日中、弱かったです。
支持されそうな上昇トレンドラインもサポートラインも
ことごとくブレイクされ、終盤は安値圏で揉み合いました。

自分は、どんなトレーダーになりたいか理解する

多くの負けている人からの相談に乗っていますと
ゴチャゴチャになって自分自身で迷っている印象があります。
どうすれば勝てるかだけに集中し、迷路から脱出できません。
まずは自分自身のことを理解することから始めましょう。

昨日、ドラゴンズの山本昌投手が46歳8ヶ月で今季初勝利を挙げ
浜崎真二投手の記録を抜きプロ野球記録を塗り替えました。
ちなみに大リーグではフィル・ニークロ投手の48歳110日です。
いやはや、お二人とも凄い記録ですね^^

野球で才能と言えば・・・

・投手なら速い球を投げられること
・打者なら打球を遠くに飛ばすこと

必死の努力である程度は何とかなる部分もありますが
天性のモノを持っている人には敵わないのは仕方ありません。
ただし、同じ土俵で戦った場合であって違う土俵ならば
勝つ可能性は、たくさんあります。

実際に、そのことに気づく選手は意外と少ないです。
エリート街道を歩んできたり、お山の大将だった選手は
過去の栄光を自ら否定するのは難しいものです。
プライドが邪魔するケースもあるでしょう。

甲子園でホームランを打ったことがある選手なんかは
プロに入って思うように打球を飛ばせなくても自覚できません。
金属バットだったから打てたとは思わずにバットを長く持ったまま
何年も練習しても結果が出ずに退団していきます。

結局、自分が

・どんな選手なのか?
・何を武器にプロで生き残っていけるのか?

などを理解しないまま過ごした結果です。
山本昌投手も入団当時、評論家から「球が遅すぎる」と
評価されるようなピッチャーでした。

プロで生き残っていくために「緩急」を使って打者のタイミングを
崩す術を身に付けることで通算200勝以上の名投手になりました。
球速、145とか150キロを目指す努力のみをしていたら・・・
さびしくユニフォームを脱いでいたことでしょう。

自分に合ったトレードスタイルを確立すること

トレードも同じで自分のことを理解していないと、
なかなか思うように勝てません。
私もそうでしたが、テクニックに頼ろうとしてしまうので
自分に合っていなくても気づきにくいです。

私はトレード手法をメインに情報発信していません。
それは、自分自身の経験からテクニックよりも何よりも
考え方や取り組み方が大切だと考えているからです。
もちろん、質問されればトレード手法についても書いてます。

色んなトレーダーのブログを見るのはメリットもありますが
デメリットもあります。
問題は参考にしているトレーダーの得意戦略を理解して
自分の目指している戦略に絞って見ているかです。

自分を理解している人には、情報が役に立ちますが
そうでない人には、情報は迷いを生むのです。

例えば、

・自分に合う戦略を使って、毎月10万円稼ぐ人
・自分には合ってない戦略を使って、毎月200万円稼ぐ人

あなたなら、どちらのトレーダーから学びたいですか?

負けてばかりの頃の私なら、絶対に毎月200万円の人です^^;
200万円も稼いでいるんだから、何か秘訣があるはずで
一部でも学ぶことができれば同じように200万円とはいかなくても
稼ぐトレーダーになれるかもと考えてしまいます。

しかし、今なら迷わず毎月10万円の人に教わりたいと答えます。
自分に合った戦略をマスターできれば10万円は通過点ですし、
何より継続してストレスなくトレードできるからです。
そうやって、自分の型を固めます。

自分の型で安定して勝てるようになったらトレーダーとして
毎月200万円の人と意見交換がしたいです。
考え方や取り組み方について、聞きたいですね。
勝てるようになっても調子に乗らず、貪欲に学びたいです。

勝てなくて悩んでいる人は「自分探し」をしてください。
自分を理解して自分に合ったトレードスタイルを確立しましょう。

PS
最近、紹介しているゴールデンスパイダーFXですが、
これを活用して勝てるトレーダーが続出する予感がします。
後だしと言われないよう、今日(4月16日)書いておきます。

そう考えたくなるほどライントレードを学びやすいツールです。
ゴールデンスパイダーFXなら文字や動画でマスターできなくて
挫折した人でも、本気の人なら大丈夫でしょう。

購入された読者さんからも

「面白いほどラインが見えて感動です!!!!!」

とメールをもらいました。

ライントレードのスキルをマスターしたい人には
自信を持って、おススメします。

⇒ゴールデンスパイダーFXの詳細レビュー

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ゴールデンスパイダーFX, トレードルール・手法, 投資マインド   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


自分のことを理解してトレードしてますか? への2件のコメント

  1. ひろ より:

    ご無沙汰しています。
    毎度、初々しい質問をさせていただく”ひろ”です(笑)
    今回のブログも”う~~~ん”と唸ってしまいました。

    ついこの間も似たようなことをしてしまいました。
    こちらのブログを参考にしていた時は右肩上がりの成績だったのに
    たまたまライントレードとフィボナッチを混合させて
    トレードをする人のブログを見て真似をしたところ
    急激に成績が落ち込みました。細かい損切りばかり増えて
    損を取り返そうと、その人の戦法でドンドントレードしましたが
    結果的には、かなり資産を減らしてしまいました。
    そうなると今度は今までの自分のスタイルに戻してもいいのか
    不安になりました。また損切りばかりで資産を減らすんじゃないかと。
    と、いうか自分のスタイルはどうだったかも忘れてしまって・・。

    そんなとき、再びこちらのブログを読みまくりましたよぉ!(笑)
    もちろん毎日チェックはしていましたが。基本に戻るために再読です。

    「FXは簡単じゃないけど、単純」。
    あの記事を読んで、そうだ!と今までの自分のスタイルを
    勝っていた頃のトレード記録を元に再度検証して
    恐々ですが新たにトレードを再開し、今は自己資本の最高記録を
    再び更新することができました。

    もう、浮気はしないです(笑)
    人は人・・・だと、少し思うようになりました。

    山本投手の例えはFXに限らない例えですよね。
    会社員の立場でもうなずける例えではないでしょうか。

    私は、やはり「バットを短くもって、センター返し」で
    シングルヒットを狙う戦法が一番のようです。

    しかし、エイタさんのブログに出会わなかったら今頃
    私は間違いなく市場から退場させられていたことだと思います。

    エイタさん明日もブログ頼みますよぉ!!

    • 英太 より:

      ひろさん、お久しぶりです。

      今日の記事はグッドタイミングだったみたいですね^^
      私も自慢じゃないですが、同じ失敗を何度もしています。
      その経験から、自分を理解することに気づいて、
      ブレない軸を作ることを優先しました。

      ひろさんの素晴らしい所はトレード記録に戻ったことです。
      結局、負ける原因は自分にあるのでトレード記録の見直しは
      非常に効果があります。

      だから、自己資本の最高記録を更新できるんです。
      本当におめでとうございます♪

      「バットを短く持って、センター返し」
      いいですね、いいですね~~^^

      パワー(資金力)が付いてくれば・・・
      その打ち方でも長打が出るようになります。

      最後にうれしい言葉、ありがとうございます。
      とても、とても励みになります^^w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!