メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

終値まで待つか、途中でエントリーするか?

終値が確定してからエントリーするか?
それとも、途中でもチャンスと考えたらエントリーするのか?
こういう質問メールを意外と多くいただきます。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

金曜のユーロドルは狭い範囲で揉み合った後、雇用統計の発表で
上昇しています。
ただ、その後は続かずに揉み合って終わっています。
直近のレジスタンスラインを越えないと戻りは売っていきます。

終値か、途中か、ルール化しましょう

私は終値が確定してから次のローソク足でエントリーします。
また、途中でエントリーして勝っている人もいます。
どちらを選んだとしてもメリット・デメリットはあります。

上図の左側のローソク足ばかりなら対応しやすいですけれど
現実には右側のローソク足もあります。
途中では左側のローソク足で、トレードルールも一致して
エントリーしたけれど終わってみれば右側のローソク足となり
トレードルールを満たさないことは頻繁に起こります。

私自身も過去に何度も重要なラインを抜けたと判断して
途中でエントリーしたことがあります。
終値が確定すると右側のローソク足になってライン内に戻って
結果的に負けた経験がたくさんあります。

もちろん、途中でエントリーして勝ったこともあります。
勝ったり、負けたりするから、どちらにするか迷うんですね。
私は終値が重要と考えているので、今はローソク足が確定するまで
エントリーはしないとルールに決めました。

どちらに優位性があるのかは検証したことはありません。
個人的に特別、重要な部分だとは考えていないからです。
気になる人は検証して、ご自身で判断してみてください。

また、短い時間足を使うほど途中でのエントリーは難しいです。
例えば1時間足では上ヒゲ付の陽線になっている場合でも
5分足はヒゲのない陽線がラインを上抜けすることがあります。
メインが5分足の人は特に問題ありません。

1時間足がメインの人が5分足でタイミングを取ろうとすると
終わってみれば「ダマシ」だったと後悔することもあります。
どんな目的で短い時間足を使っているのかを忘れずに
対応策を決めておく必要があります。

どちらを選択するか?よりも大事なことがあります。
それは、明確なルールが無いのに終値まで待ってエントリーしたり
途中でエントリーしたりと「ごちゃ混ぜ」にすることです。
(「まぜこぜ」では通じない人もいるんでしょうか・・・?)

強運の持ち主は、ごちゃ混ぜエントリーでも勝ってしまいます。
でも、ほとんどの人は逆に裏目裏目となって負けるものです。
そうなると、どっちが自分のトレードルールに合っているのか
迷うことになります。

臨機応変な対応って聞こえは良いですけどスキルがともなうから
そういう方法でも勝てます。
勝てないうちは、どちらかに決めた方があとで検証しやすいと
私は考えます。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), トレードルール・手法, トレード検証   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!