メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

相場とケンカしないで、相場に合わせること

ユーロドルは以前から引いてあったサポートラインの間を
迷うような値動きをしています。
この帯(ゾーン)をどちらにブレイクしていくかで
今後の方向性が決まりそうです。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

上のチャートはユーロドル1時間足です。
今週の月曜、火曜は下降チャネル(白線2本)の間を
きれいな形で下落しています。

下降チャネルを抜けてからは上昇チャネル(青線2本)の
間を上昇していきました。
為替では、このようにラインを意識した値動きをします。
もちろん、意識しない値動きもします。

だからラインなんか当てにならないと言う人もいますが、
別に相場とケンカする必要はありません。
重要なので何回も登場しますが・・・

「相場は相場に聞け」 です。

ラインを意識した時だけトレードする。

FXトレード予備校ならテストに出るくらい大切なことなので
もう一度書きます。

ラインを意識した時だけトレードする。

相場が今はこのラインを意識しているから合わせてくれたら
稼げますよ~~と教えてくれた時だけトレードします。
何もラインなんて当てにならないと評論家になる必要はなく、
トレーダーは為替相場からお金を頂戴するのが目的です。

相場とケンカしないで、相場に合わせましょう

緑丸であれば下から買い(ロング)ポジションを持っていたら
レジスタンスラインと上昇チャネルで利益確定します。
2本のラインを意識して上げ渋っているからです。

売り目線のトレーダーはレジスタンスライン(青線)が
重要なので上げ渋ったところで売り(ショート)です。
思惑が外れて上にブレイクしたら損切りするだけです。
相場に合わせればエントリーもエグジットも明確ですね。

昨晩、ツィッターで

「今日は素直にユロドル売っているけど、勝てません」

と、記事の記事内容にひっかけて、つぶやきをもらいました。
どこで売り(ショート)をしたのか?、わかりませんが
狙いとしては、ひとつのプランですよね。

ユーロドルは火曜日に重要なサポートラインを下抜けして
私も売り目線になっています。
(下抜けしたことで今はレジスタンスラインになってます。)

青線2本の上昇チャネルは先日の記事の逆パターンである
下降フラッグとも取れます。
下降フラッグなら下放れについていくのが有利ですから
売り(ショート)プランが立てられます。

問題はすぐ下にサポートライン(ゾーン)があります。
このラインを、どう判断するかは人それぞれです。
サポートラインでの跳ね返りを想定してエントリーするか、
それとも下にブレイクするまで待つか・・・です。

下降フラッグの下放れでエントリーした場合に
思惑と外れて損小であれば、問題ないです。
ここで、素直に売り(ショート)で勝てませんと
悩みだしたら、余計に頭が混乱します。

今回は下降フラッグ下放れの売り(ショート)仲間よりも
サポートラインでの買い(ロング)仲間が多かっただけです。

「今回は君たちの勝ちだね、いさぎよく撤退するわ」

と損切りすれば良いだけです。
その後の買い(ロング)仲間の団結力は強かったです。
上昇チャネルを何度も下にブレイクしましたが
サポートラインでは跳ね返されています。

昨日で言えば、このサポートラインとはケンカしてはダメと
いうことを相場が教えてくれています。
逆に仲良くしていれば16時~17時頃の反発をダブルボトムと
とらえて買い(ロング)した人は利益をだしているでしょう。

ダブルボトムの思惑が外れて下にブレイクした時も
損切り(ロスカット)は明確ですから損小で逃げられます。
中途半端なポイントではなく、重要なラインを目安に
エントリーすることを心がけましょう。

最後に、相場においてラインは絶対ではありません。
しかし、機能するラインを相場が教えてくれたら
素直にしたがうことで稼ぐことができます。

今日は重要な経済指標の発表日です。
注意してトレードしましょう!

PS
今回のプレゼントレポート
『あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?』
好評です!

うれしい感想メールをいくつかいただきました。
本当にありがとうございます。

興味があればメルマガにてプレゼントしていますので
登録してくださいね。

⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エグジット(決済), エントリー(仕掛け), チャート分析, トレードルール・手法, 損切り(ロスカット)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


相場とケンカしないで、相場に合わせること への2件のコメント

  1. おはようございます! ホント、相場のことは相場に聞くしかないですよねー 相場が総て教えてくれます。どんな偉い人も相場の動きを総て説明できる訳じゃないですし、 相場って本来・不可解な生き物ですからね・・・ ファンダメンタルズがどうのこうのって言っても結局チャートにハッキリと動きが出る訳ですから。 相場に聞くのが一番ですよね。

    • 英太 より:

      クロスラインさん、お早いんですね。
      それとも朝までチャート!ですか?
      相場に聞いて、わからなければトレードしない。
      わかった時だけトレードするが1番ですね。
      そうそう、ファンダもチャートに現れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!