メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

海猿から学ぶトレーダーのリスク管理

『BRAVE HEARTS 海猿』(佐藤秀峰作)が今日から公開されます。
今作品で4作目ですが、オリコンの観たい夏休み映画ランキングで
『るろうに剣心』をおさえて、堂々第一位を獲得しています。
伊藤英明さん演じる仙崎大輔に、また会えるかと思うとワクワク^^

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは戻りきれず、下落の流れは継続中です。
高値を切り下げ、安値を切り下げていますので、売り有利です。
こうなると2010年の最安値を試しにいく可能性がでてきました。
一気に下がるかは分かりませんが、上昇転換は難しそうです。

海猿から学ぶトレーダーのリスク管理

海猿から学ぶといっても【命をかけて、命を救う】海上保安官の
潜水士を経験したわけではないので、ダイバー視点での話しです。
スキューバダイビングを体験したことが無い人にとっては
安全なスポーツと言うイメージはないかもしれません。

人間は海の中では呼吸ができませんので、何も対策をしなければ
安全に潜ることは難しくなります。
ダイビングはマリンスポーツに数えられているくらいですから
その点は、色んな安全対策でリスク管理をしています。

例えば、安全対策として

・資格制度(Cカード)
・バディシステム
・オクトパス
・弱者優先

などがあります。

【バディシステム】のバディは海猿をドラマや映画で観られた人は
ご存知と思いますが、一緒に潜るパートナーのことです。
ダイビングでも2名以上で潜ることによって、お互いの安全を
確認する体制を取っています。

経験本数の少ないダイバーをバックアップするように上級者と
バディを組んだりして、楽しみながら潜ります。
パートナーがいることで、何らかのトラブルが発生した時でも
安全な対応が可能です。

また、ダイバーが呼吸するために口にくわえているモノを
レギュレーターと呼びますが、安全対策のため2個セットです。
そのうちのバックアップ用のモノを【オクトパス】と言います。
だから、片方のレギュレーターが故障しても安全に浮上できます。

【バディシステム】と【オクトパス】のおかげで、合計4個の
レギュレーターがあることになります。
器械ですから、壊れることや故障することは当然あります。
でも、4個同時にトラブル可能性は非常に低いですよね。

万が一の可能性に対してダイバーはリスク管理をしているのです。
一緒に潜るダイバーが3人、4人と増えればすべてのレギュが
トラブルを起こす可能性は天文学的な数字になります。

リスク管理のないトレーダーは為替市場から退場!

色んな安全対策が整っているからこそ、レジャースポーツとして
ダイビングを楽しむことが出来ます。
トレードも同じことで、リスク管理のないトレーダーは
遅かれ早かれ、為替市場から退場することになります。

例えば、損切り(ロスカット)です。
損切りができない、ロスカットをしない、ということは
万が一の値動きに対しては、完全に無防備状態です。

ダイビングで言えば器材は絶対に壊れない、故障しないという
発想のもとで、単独で潜るようなモノです。
ダイビングの世界にも相場の世界にも『絶対』はありません。
忘れた頃や油断した時に降りかかるモノです。

為替相場は全体の8割くらいがレンジ相場と言われています。
だから、運が良かったり、エントリーした場所によっては、
損切り(ロスカット)しなくても何とかなるものです。
しかし、為替は一旦トレンドが出ると継続する特徴があります。

いつ起きるかは分かりませんが、強いトレンドが出た時に
損切り(ロスカット)できないトレーダーは退場させられます。
逆に言えば、損切りという安全装置があるからこそ、
トレーダーはリスクを取ってリターンを狙えるわけです。

スキューバダイビングの場合は、資格制度のおかげで、
初めに、安全に潜るための講習会があります。
だけど、トレードは誰でも簡単に始められてしまうので
リスク管理や資金管理を学ぶ機会がありません。

基本を学ばなくてもトレードは始められますが、
ぜひ、リスク管理・資金管理を学んでくださいね。
為替相場には万が一って状況は意外とありますから。
まずは、あなたの大事な資金を守るスキルは必須です。

PS
ダイビングにも「スクイーズ」という現象があります。
これは水圧の関係で、空隙などが押しつぶされることです。
1番分かりやすい例が鼓膜が痛くなる現象で、水中以外でも
高い所に登った時や飛行機などで経験したことがあると思います。

だから、【スクイーズ=痛い】というのが私のイメージでした。
トレードを学んでいる時にボリンジャーバンドのスクイーズが
出てきた時は、「締め付けられるわけね」と苦笑いしました。
まぁ、トレードでは【スクイーズ=楽しみ】ですけどね^^

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 損切り(ロスカット), 資金管理(マネーマネジメント)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク


海猿から学ぶトレーダーのリスク管理 への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    リスクを扱う物には決まって資格が必要とされているのに確かにトレードするのには資格は必要ないですもんね^^;
    資格があったら多分というかほぼ100%落ちてます!w
    あっ英太さんもそろそろ人生のバディを決めちゃうようなお年頃なんじゃないですか?
    夜のバディは星の数ほどいるみたいですが♪w

    • 英太 より:

      何をおっしゃる、伊達猫さん^^
      本業の方が難しいじゃないですか~!

      伊達猫さんのように、ナイスバディを探さないとね^^w
      夜のバディは・・・・、そんなことは書けません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!