メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

損小利大を狙うならトレーリングストップ

コツコツ稼いで、ドカンとボーナスの利益確定』の決済は
損小利小と損小利中で利益を重ねていく方法です。
あなたが損小利大を狙っていくならトレーリングストップ
取り入れることを検証してみませんか?

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは7日に揉み合い相場から上にブレイクした後の
上昇トレンドを下回ると一旦サポートラインで支持されました。
しかし、上昇をレジスタンスラインに阻まれ反転すると
一気にサポートラインをブレイクダウンしていきました。

トレーリングストップで利益を最大限伸ばす

トレーリングストップとは為替レートが有利に動いた時に
逆指値注文を変更して相場につていく手法です。
買い(ロング)エントリーした場合、為替レートが上がったら
有利に動いているので逆指値注文の設定を上げていきます。

相場に合わせて変更した逆指値注文でエグジットされるまで
上昇についていくことで、より大きな利益を狙うわけです。
トレンドが長く、大きく出現した時にトレーリングストップを
活用すると目標設定で決済するよりも利益を伸ばせます。

FX業者の注文方法にトレール注文があります。
事前に決めたトレール幅を設定することで、その値幅で自動的に
逆指値注文を変更してくれるシステムです。
チャートを監視する必要はなく、ほったらかしトレードです。

デメリットはトレール幅が一定であることです。
チャートを監視する必要がない代わりに値動きの強弱に合わせて
トレードができません。
途中で変更することはできますけど・・・。

値動きが激しい時にトレール幅が狭いと早めに決済されやすく、
トレール幅を広めにすると損失が大きくなる可能性が出ます。
トレール注文は一定の値幅で値動きをする時には最強ですが、
不規則な値動きの時にはトレンドに上手く乗れません。

自動売買は便利ですけど、適切な設定が意外と難しいです。
またチャートを監視して、トレイリングストップの変更を手動で
おこなう方法もあります。
相場に合わせて逆指値注文を手動で変えていくわけです。

ただし、チャートを見ているからといって完璧に相場の動きが
把握できるわけではないので、上手くいかないこともあります。
長いヒゲで逆指値注文にヒットして決済されたりします。

どんな方法もメリットがあればデメリットもあります。
割り切り方は人それぞれなので、正解はありません。
他のエグジット方法とトレーリングストップを組み合わせるとか
アイデアを色々と検証するしかないですね。

どちらかと言えば目標を決めてエグジットする方法は短期売買、
トレーリングストップは中長期売買に向いています。
また目標を決める方は勝率、トレーリングストップは利益に
比重がかかっています。

PS
逆指値注文の設定を変更して良いのは為替レートが有利に
動いた時のみです。
間違ってもエントリーしてから他の根拠を無理に探して
不利な方向に変更しないでください。

損切りされずに反転する事もありますが、それは悪い体験です。
悪い体験を積み重ねると損切り設定が甘めになっていきます。
その結果、手痛い損失を生むことがあるので止めましょうね。

<<トレール注文が可能なFX業者>>

FXブロードネット

外為オンライン

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エグジット(決済), トレードプラン, トレードルール・手法, 損切り(ロスカット)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!