メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

損切り貧乏

損切り貧乏を体験するとロスカットって
本当に意味があるのか?と疑問に思いますよね。
最悪はロスカットを止めてコツコツ稼いで
どか~~んと損失するパターンで退場してしまいます。

どうして損切り貧乏になってしまうのか?

・ロスカットポイントが浅すぎる
・相場の転換点を間違えている

などが上げられます。

まずトレード記録を確認します。
ロングでエントリーして損切りした後に思惑通りに上昇した記録が
多い場合はロスカットポイントが浅すぎる可能性が高いです。

あなたが判断したトレンドは正しかったのです。
トレードに使用している時間足のボラティリティを考慮して
ロスカットポイントを見直してみましょうね。

 

上のチャートを見ると高値も抑えられているのでサポートラインを
割ったらショートでエントリーするとプランを立てたとします。
サポートラインを割ったのでショートしました。

ロスカットポイントが浅すぎるとAの上ひげで損切りです。
サポートを割っても戻り過ぎることもあるんですね。
その後は思惑通りに下がっていますので利益が見込めます。

ロングでエントリーして損切りした後に上昇したり下がったり。
どっちつかずのトレード記録であれば相場の転換点を間違えている
可能性があります。

しかし、相場の転換点で逆方向に行く可能性もあります。
あなたのエントリーした理由が否定される場所で
損切りになった場合は転換せずにトレンド継続したわけです。

ロスカットするポイントは新しく逆方向にエントリーする
ポイントでもあるのです。
世界中の人が見ているポイントを越えれば、その方向に
流れが変わります。

損切り貧乏とは対照的な相場格言があります。
「利食いドテンは愚の骨頂。損切りドテンは福の神」です。
ドテンとはロングでエントリーした時にロスカットが決済されたら
同時にショートでエントリーすることです。

相場の転換点を正しく判断してエントリーした時は
「損切りドテンは福の神」になります。

 

ただし、何でもドテンすれば勝てるわけではないので
注意してくださいね。
損切り貧乏のトレーダーがトレード記録を分析しないで
やみくもにドテンしても往復ビンタで損失が増えていきます。

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: トレードルール・手法, 損切り(ロスカット), 相場格言・名言   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!