メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

損切りできない含み損ポジションは不良在庫と一緒

上昇トレンドラインに絡むように揉み合ったユーロドルは
まずは下落の選択をしました。
その後は切り返したかと思えば長い上ヒゲが出て頭を押さえられ
次に下落すれば、また上昇と流れを感じさせない1日でした。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

昨日みたいな値動きの日は中途半端な値位置でエントリーすると
損切りの連続になってしまいます。
下がると思えば上がるし、上がると思えば下がっています。
値動きが読めないと感じた時には思い切って休みましょう。

1時間足での話であって短い時間足ならチャンスはあります。
かと言って、いつもと違う時間足でいきなりトレードするのは
とてもリスクがありますからデモでやってください。
休んでもトレードスキルを向上させる時間に当てられます。

今日は節分、豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりします。
子供の頃は恵方巻を食べる習慣なんて全く知りませんでした。
大阪を中心とした風習でコンビニが全国的に仕掛けたものと
聞いたことがあります。

ここ数日、恵方巻きの宣伝広告をよく見かけます。
明日になれば太巻きとしては売れるかもしれませんが・・・
恵方巻としては売れる見込みはありません。
もし、売れ残りそうになったら損してでも売り切りを狙います。

「損切りができません。どうすれば出来るようになりますか?」

読者さんから損切り(ロスカット)が出来ないと悩んで
相談メールをいただくことも多いです。
最終的にはメンタルや自己規律が重要になってきますが、
考え方を変えることで必要性を感じることはできます。

FXでは買い(ロング)ポジションを持ったら自分の買値よりも
高く売り抜けないと利益にはなりません。
例えばユーロドルの買いポジションはドルよりもユーロの価値が
上がると思う人がいないと売り抜けられません。

ユーロがドルよりも価値が無いと思われると為替レートは
下へ、下へと動くようになります。
考え方は恵方巻きと同じで、含み損は売れ残った状態です。
どこかで損してでも売らないと不良在庫になる可能性が出ます。

投資は「仕入れて、売る」という商売と考え方が似ています。
どちらも人気がなくなって売れ残れば損失を抱えてしまいます。
商売の上手い人は人気がなくなる時期を敏感に感じることで
早めに値引きをしてでも商品を売り抜けます。

夕方、スーパーに行くと「30円引き」などの値引きシールが
商品に貼ってあるのを見かけますよね。
あれもスーパー側からみれば一種の損切り(ロスカット)です。
値引きをしてでも現金に換えないと次の仕入れができません。

FXの場合は含み損を抱えていると次の仕掛けができません。
ただただ持っている通貨の価値が上がることを祈るだけです。
祈りが通じる時もあれば、さらなる下落の場合もあります。

たしかに商品の場合も、テレビで紹介されたとかで再ブームが
突然に起きて不良在庫が優良在庫に変わることもあります。
でも、何か突発的なことが起きないと商売にならないのでは
かなり危ない経営状態です。

インジケーターを活用してトレードしているトレーダーは
買いポジションは最低でも売りのサインが出たら損切りします。
ラインでトレードしているトレーダーは反対方向に抜けたら
損切り(ロスカット)します。

そのままポジションを保有しても不良在庫になるからです。
損切りできない人は商売人になったつもりでトレードについて
じっくりと考えてみてください。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 投資マインド, 損切り(ロスカット)   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!