メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

押し目、戻り目(戻し目)の明確な判断方法は?

押し目、戻り目はトレンドフォロー(順張り)の狙うポイント
ひとつで、多くのトレーダーが活用しています。
読者のNさんから

「押し目をつけたら・・・」と、よく聞くのですが
具体的にどのようになったらエントリーなのでしょうか?

と押し目買いについて質問をいただきました。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは以前の年初来安値で抵抗を受けたあと、
再度、上昇を試みますが、失敗に終わって下げに転じました。
その後、サポートラインも下割れし、下落が加速します。
前回のサポートで下げ止まった後は上昇して終わっています。

今日はギャップアップでスタートしています。
窓を埋めるのか、それともサポートされるのか微妙な動きです。
先入観を無くしてで相場を監視していきます。

押し目、戻り目の明確な判断方法は?

上昇トレンド(アップトレンド)では押し目買い
下降トレンド(ダウントレンド)では戻り目売り

トレンドが出ている時に押し目で買ったり、戻り目で売れれば
利益の出る可能性は飛躍的に上昇します。
ポジションを保有してからはトレンドが崩れるかどうかを確認し
崩れずに続けば続くほど、利益を伸ばすことが出来ます。

ただし、『押し目待ちに押し目なし、戻り待ちに戻りなし』という
相場格言があるように押し目も戻り目も無い場合があります。
強いトレンド相場の場合は押し目や戻り目があったとしても
押しや戻りが少なく、エントリーしづらいことがあります。

そして、押し目や戻り目ですがリアルに動いているチャートでは
明確にココです!とは言えません。
ある程度の時間が経過しないことには、ココが押し目や戻し目と
判断できないわけです。

上昇トレンド中に、ある程度、下がってから止まったポイントで
押し目と判断しても、その後、反転下落することもあります。
結局、相場が終わってみないことには押し目も戻し目も分からず
もし、途中で分かる方法があれば簡単に億万長者になれます。

つまり、押し目、戻り目を明確に判断する方法なんてありません。
ここのところを理解しないと押し目、戻り目を判断できる
テクニカル指標(インジケーター)を探し回ることになります。
幻想を追い求めても、絶対に見つけることはできません。

押し目買い、戻り売りのエントリー方法

押し目や戻り目が判断できないのであればトレード手法としては
まったく成り立たないことになりますよね。
押し目買いや戻り売りでトレードする場合は・・・
それぞれのトレーダーが決めた目安を元にエントリーします。

ライン、移動平均線、フィボナッチ、ピボットなどを活用して
押し目や戻り目の目安にします。
重要なことは、あくまでも押し目や戻り目の目安ということです。
「相場に絶対はありません」から当然ですね。

損をしたくないと強く思う人は一発で決めようとします。
あくまでも押し目や戻り目の目安ですから一発で決まる時もあれば
2回目、3回目で決まることもあります。
また、押し目や戻し目とならずトレンドが崩れることもあります。

だから、押し目買いや戻り売りのエントリー方法では
重要なことが2点あります。

ひとつは、トータルで利益を出すことを考えましょう。
理想は一発で決めることですが、場合によっては2回目以降で
利益を出して、それ以前の損失の穴を埋めます。
トレンドさえ継続していればトータルでは利益につながります。

そのためには、押し目、戻り目の判断方法を探すのではなくて
【何連敗したら諦める】とか【損失額の上限を決める】とか
トータルでプラスになるような資金管理が必要です。
素直に動かない相場ではジタバタするより諦めましょう。

もうひとつは、損切り(ロスカット)です。
あくまでも押し目や戻り目の目安ですから、逆に相場が動けば
いさぎよく、損切り(ロスカット)が鉄則です。
押し目や戻り目でなくトレンドが崩れ、損失が膨らむからです。

上記の2点(トータルプラス&損切り)に注意して、
あとは自分に合った押し目や戻し目の目安を決めてください。
もちろん、必ず自分自身で検証してくださいね。

長い時間足と短い時間足のトレンド関係

Nさんと押し目についてメールのやり取りをしていて、
もう1点、悩みがあることに気づきました。

見ている時間足がアップトレンドでも、それより長い足では
ダウントレンドで押し目をつけず下落してしまうことがある。

これについては、何度か書いてきました。

・長い時間足のトレンドと同じ場合しかトレードしない
・自分の見ている時間足のトレンドでトレードする

相場は長い時間足のトレンドが強く影響します。
短い時間足のトレンドが長い時間足のトレンドと異なる場合は
スッパリと諦めることです。
または、それを頭に入れて短い時間足のトレンドに乗ります。

6月に入って、続々と梅雨入り(入梅)する地域が増えてます。
梅雨入りすると、天候は『レイントレンド』になります。
雨や曇りになる傾向が強くなるわけです。

だから、適当に19XX年の6月Y日は雨が降ったか、降らないかの
2択の質問があったら「雨が降った」と答えた方が正解になる
確率は高くなります。
梅雨入り期間は雨が降っている日が多くなりますからね。

と言っても、梅雨入りしている期間は毎日、雨が降るかというと
そうとは限らないですよね。
実際、昨日は湿気も感じられず、快適な晴天でした。
つまり、長い時間足では雨だけど、短い時間足では晴れるんです。

相場も日足がダウントレンドでも1時間足ではアップトレンドと
なる期間が出てきます。
自分が、どの時間足のトレンドでトレードしているかを
常に意識してくださいね。

PS
「ラインを使ったトレード講座を読んで利益がでました」と
読者さんからメールをいただきました。
うれしいやら、ビックリするやらで、書き上げた苦労が
吹っ飛びました^^

感想いただけると喜びます♪

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

ラインを使ったトレード講座を公開中です。
興味があれば登録してくださいね。
⇒ラインを使ったトレード講座の登録&詳細はこちらです。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: チャート分析, トレンド, トレードルール・手法, 損切り(ロスカット), 相場格言・名言, 資金管理(マネーマネジメント)   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!