メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

天使の機関銃FX~愛璃式インジケーター検証

天使の機関銃FX~エンジェマシンガンエフエックスの
愛璃式インジケーターを検証しました。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

天使の機関銃FXのトレンドラインは使えない

愛璃式インジケーターで自動的に引かれる
トレンドラインは基本と違いますね。
高値と高値、安値と安値をつないだだけで
トレンドラインとは言えません。

上のチャートの茶色の線が愛璃式インジケーターの
トレンドラインです。
茶色の下降トレンドラインは、こういう引き方も
あるかなとは思います。

しかし、茶色の上昇トレンドラインは安値と安値を
つないだだけです。
私なら緑線のようにトレンドラインを引きます。
だからトレンドラインについては自分で引きますね。

ただ、使えるところもあります。
三角もちあいの時は高値と高値、安値と安値を結びます。
チャートを見ていても経験が不足していると
意外と気づきません。

私もあとになってチャートを見た時、三角保ちあいに
気づいたことは結構ありました。
慣れないトレーダーには自動的にラインが引かれて
高値と安値が狭まっていくことがわかると思います。

天使の機関銃FXのサポートライン、レジスタンスライン

愛璃式インジケーターの青点が安値ライン、赤点が高値ラインで
サポートライン、レジスタンスラインに役立ちます。
ただし、慣れてくると邪魔になるかもしれません。

正直に言えば、私には邪魔なラインです。
チャートに不慣れなトレーダーが高値と安値を意識する
習慣をつける上では有効かなと思います。

高値で相場が押さえられるとか、安値で支持されるとか、
支持されていた安値を割ると相場が加速するとか・・・

などなど、いろいろなことを青点ライン、赤点ラインとの
絡みを観察することで学べます。

天使の機関銃FXの鉄板サイン

愛璃式インジケーターのサインは大きな流れと小さな流れの
ふたつ出現するように設計されています。
当然ですが、ふたつの流れが一緒になった時が強い流れです。
いわゆる鉄板サインです。

上のチャートで言えばピンクの太線とピンクの細線が
同時に出ている時が売りサインです。
細線が青色のときは下への流れが弱くなっています。
この時間にチャートを見たなら迷わず様子見です。

緑の四角枠の為替レート見ると高値を試しています。
東京市場の高値と安値でもみ合う展開です。
そして安値を割って小さい流れもピンクの線になり
ふたつの流れが売りサインになりました。

その後、戻りがありますが下落を継続しています。
売りサインにしたがえば利益につながっています。
天使の機関銃FXはトレンドフォローの基本的な手法です。
オーソドックスなだけに長く使える手法です。

トレンドとサポート&レジスタンスを活用して
勝っているトレーダーには必要ないものです。
上のチャートの緑枠で買ってしまう考え方で
負け続けている人には勉強になると思います。

これからトレンドフォロー(順張り)で稼ぎたい人も
愛璃式インジケーターを使って学ぶことができます。
チャート上のナビゲーターみたいなものです。

エントリーとエグジット両方のサインがでるので
まずはサイン通りにトレードします。
とにかくトレンドに逆らわずに、乗ることで稼ぐクセを
サインを使って身に付けます。

その後、勝てるようになれば自分なりにアレンジすれば
あなたのトレードルールが完成します。

⇒天使の機関銃FXの詳細レビューはこちらです。

 

詳細が知りたい方や相談したい方は
気軽にメールくださいね。

↑こちらまで!

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX教材   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!