メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

売りなのか、買いなのか、判断の迷いを減らす方法

売りか、買いか、自分で判断できる相場だけトレードすること
と書きましたが、そもそも判断に迷うこともあります。
まぁ、判断に迷った時は勇気を持って様子見しましょう。
じゃあ、判断の迷いを減らす方法は無いのでしょうか?

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは先週の流れに乗って上昇から始まりました。
高値更新が鈍り始めたあとは上昇トレンドラインを割ります。
揉み合いましたが下落の流れは継続することになりました。

直近安値までか、今年の最安値までなのか、さらに下がるのか、
注意して監視していきます。

売りなのか、買いなのか、判断の迷いを減らす方法

売りなのか、買いなのか、判断の迷いを減らす方法として

1)トレードルールを作成する
2)できるだけシンプルなルールにする

上記の2つを私は考えています。
1番の【トレードルールを作成する】については何度も書いて、
必要性を強調してきました。
トレードルールが無ければ判断なんて出来ませんから。

今回は2番の【できるだけシンプルなルールにする】について、
考えてみましょう。

人間が何かを選択するときには、まず情報収集をします。
ある程度の情報がないとベストな選択ができないからです。
特に高価な買い物をする時には、情報を集めますよね。
例えば家を購入する時に情報無しでは決められません。

しかし、度が過ぎると、今度は迷うことになります。
すべての希望を叶えてくれる家があれば良いですけれど、
少しずつ欠点や不満がある場合の方が多いと思われます。
微妙な違いであれば、あるほど決めることは困難になります。

トレードの場合は研究熱心な人や勝率を高めたい人などは、
インジケーターや条件を増やす傾向にあります。
私も何とか確率を高めようと色んな方法に手を出しました。
いつの間にかトレードルールは複雑化していったのです。

読者さんから

「インジケーターAは買い、インジケーターBは売りの場合は
 どういう風に見て、判断すれば良いのでしょうか?」

「日足は売り、4時間足は買い、1時間足は売り・・・・、
 時間足によって違う時は、どの足でトレードしていますか?」

など、質問をいただくことがあります。
たしかに、自分の見ている複数のインジケーターや時間足が
まったく違う方向性を示すと判断に迷いますよね。

迷わないためにトレードルールが複雑化していったのに・・・
そのせいで迷いが増えるなら本末転倒かなと気づきました。
そして、迷いを減らすためにシンプルになりました。

シンプル = 迷わない
複雑   = 迷いやすい

自分にとってシンプルで使いやすいと感じたのがラインです。
人によっては移動平均線中心にトレードする人もいますし、
トレーダーが判断に迷わなければ何でも良いです。

トレンドラインやサポートライン&レジスタンスラインを
使うようになってからは、売り買いの判断がわかりやすい。
もちろん、ラインは万能ではありませんから迷うこともあります。
そんな時は様子見、ノートレードでチャンスを待ちます。

ラインで判断できた時 ⇒ トレード
ラインで判断不能の時 ⇒ ノートレード

実にシンプルなルールになりました。

売りなのか、買いなのか、判断に迷うなぁと感じる人は

1)トレードルールを作成する
2)できるだけシンプルなルールにする

上記の2点について検証しては、どうでしょうか?

PS
先日、相談を受けたTさんのメールに興味深い表現がありました。

『ラインは直線、自動で引けるインジケーターは曲線系が多い』

言われてみればトレードに活用するインジケーターって、
直線系か曲線系の2つに分類できますよね。
今まで無意識には理解していたでしょけど、新たな気づきに
何だか楽しくなりました。

こういう見方でトレード手法を決めるのも面白いですね。
直線系が好みなのか?、それとも曲線系が好みなのか?

Tさん、新しい刺激を、どうもありがとうございます♪

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: チャート分析, トレードルール・手法   タグ:   この投稿のパーマリンク


売りなのか、買いなのか、判断の迷いを減らす方法 への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    ルールはシンプルな方が後で振り返って何故損失を出したのか、何故利益に繋がったのかって考察しやすいですよね^^
    でもそれと反比例して女性は複雑な方が魅力を感じます♪♪ってなんのこっちゃですね^^;w

    • 英太 より:

      たしかに、過去になればなるほどシンプルな方が
      考察しやすいですね^^
      複雑だと、その分、情報がいりますから。

      そうなんですか、伊達猫さんは複雑な女性が好みなんですね^^w
      だから、たこ焼きか・・・^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!