メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

利益確定の失敗よりも先に損切りのミスを無くそう!

ユーロドルは前日の下落に対して、どこまで戻るかを
確認してから、前日安値まで下落する展開でした。
相場は一本調子で下がっていくこともありますが、
ほとんどの場合は戻る値動きがあります。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

常に自分のポジションが安全かどうかを見極めていないと
調子に乗ってイケイケドンドンでは大きな損失を抱えます。
安全か、そろそろ危ない兆候を示しているのかを見るためにも
トレンドラインやサポート&レジスタンスが役立ちます。

チャートのように下降トレンドライン(オレンジの点線)を
上に抜けたことで一旦、上昇する気配を感じてください。
売り(ショート)ポジションを持っていたならエグジットする
準備をしましょう。

下降トレンドラインを少しだけ上抜けて再度下がる可能性も
あるので、あなたのエグジットルールを守るだけです。
結果的に前日安値まで戻ってきているのでエグジットしないで
持ち続けても良いのでは?と考えるのはリスクがあります。

戻ってくるかどうかは終わってみなければわかりません。
常に最悪の状況を考えて資金を安全な場所に置くべきです。
また含み損を抱えている時間が長ければ長いほどストレスを
感じてしまうためトレードの判断が鈍ります。

損切り(ロスカット)のミスは致命的

1回の失敗が、その後のトレードに悪影響を及ぼす経験を
私は何度もしてきました。
特にメンタル的に影響が大きかったのは損切りのミスです。
損切りのミスは、すなわち資金の大幅な減少ですからね。

もちろん利益確定の失敗も数多くやってきました。
目標を達成する前にチキンハートでエグジットしてしまう。
でも相場は、どこまで伸びるかは分からなので利益確定を
上手にするのは永遠のテーマだと思います。

しかし、損切り(ロスカット)は違います。
エントリーした根拠が無くなればエグジットするだけです。
将来の相場はわからないからといって放置する理由がなく
一旦ポジションをゼロにすべきです。

利益確定の方は不確定要素がたくさんありますが
損切り(ロスカット)は明確に決められます。
だから、私はFXでは守りが大切だと思います。

昨日、プロ野球の三井ゴールデングラブ賞が発表されました。
ゴールデングラブ賞とは守備の上手い選手に贈られる賞です。
例えば三塁手で選ばれたスワローズの宮本慎也内野手は
今季292回の守備機会でミスしたのは、たったの1回です。

野球に限らずスポーツはミスすると負ける確率が高まります。
シーズンを通してミスが少なければ勝つ確率が上がります。
打率(ヒットを打つ確率)は3割で上等、3割5分で超一流、
4割なんて夢の数字です。

しかし、守備率(ミスをしない確率)は違います。
春のキャンプ中に守備の上手い選手に今年の抱負を聞くと
守備率10割と答える人が多いです。
それだけ守備は安定させることができるわけです。

派手なホームランに比べて堅実な守備は、とっても地味です。
同じように利益を確定するのは気持ちよいことで、
損切りなんて地味で、できればやりたくないでしょう。

しかし投資資金を守ることを第一に考えてください。
まずは守りを固める、すわなち損切りのミスを無くすために
どうしたら良いか考えるべきです。
答えは明確で損切り(ロスカット)ルールを作るだけです。

あとは、そのルールを守り続けるだけでミスは無くなります。
もしメンタル的に損切りルールを守り続けるのが難しいなら
エントリーしたら、すぐに逆指値を設定するだけです。

トレンドの転換では損切りし資金を守る

昨日のユーロドル15分足を見てみましょう。
大きな流れは下降トレンドですから売り目線です。
しかし短期では上昇トレンドラインが引けます。
短い足でトレードするなら買いエントリーもありですね。

大きな流れが下降トレンドですから上昇トレンドラインを
下抜けしたら損切り(ロスカット)がセオリーです。
最終ラインはサポートラインで、ここを下抜けしたら
上昇するには時間とエネルギーが必要になります。

上昇トレンドラインを1回目でブレイクダウンした時は
このサポートラインで支持されました。
その後の上昇ではレジスタンスラインで押さえられた
直近高値を更新することができません。

この段階で上昇する力は残っていないので多くの人は
売り目線になっています。
最後の砦であるサポートラインを割れば短期的にも
高値切り下げ、安値切り下げの下降トレンドです。

私はトレンドラインやサポート&レジスタンスラインで
損切り(ロスカット)を繰り返しています。
戻るかもしれないと持ち続けるよりもエグジットして
次のチャンスを狙った方が気楽です。

とにかく大切な資金を減らさないことが勝ち続けるための
第一条件と考えましょう。
利益の伸びは相場しだいですが、損失は限定できます。

損失が限定できるポイントがエントリーチャンスです。
つまり、リスクの割りにリターンが大きく狙える場所です。
守りを安定させて、チャンスでエントリーするだけです。
これを繰り返せばトータルで利益が残ります。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, トレンド, トレードルール・手法, 損切り(ロスカット)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク


利益確定の失敗よりも先に損切りのミスを無くそう! への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    ついつい一発ホームランを狙いたくなるんですが、着実に資金を積み重ねようと思ったら地味でも内野ゴロを積み重ねたり、徹底的に守備(損切り)を固めたりする事なんですよね^^
    ほんと目指せトレードのイチロー♪♪

    • 英太 より:

      派手なトレードをするのが好きでしたが
      結局はコツコツが1番と気づきました。
      イチロー選手はヒットに注目が集まりますが
      守備もピカイチですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!