メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

下落時は戻り売り、買いなら直近高値ブレイク待ち

前日に取り上げたポンド円は先週金曜日の直近高値を
明確に抜け切れずに下落しました。
ユーロドルは先週金曜日の直近高値をブレイクしましたが
9月15日の高値を意識したのか伸びず下落でした。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

その後の値動きを監視すると安値を切り下げ、
高値も切り下げています。
短期トレーダーならば下落時の基本である戻り売りで、
対応することで利益を得ることができます。

上のユーロドル15分足チャートを見ると
高値ラインを越えられずに安値を切り下げています。

下落時は戻り売りがどうして基本か?

下落時は売り優勢であり、市場は弱気になります。
買い支えようとするトレーダーが少なくなります。
つまり直近高値を越えるエネルギーが足りません。

一本調子で下がることもありますが、
いったん戻るように波を作って下落していきます。
売ったトレーダーの利益確定による買戻しなどがあり
ポイント、ポイントで戻ります。

戻ったとしても直近高値を越えるエネルギーが
足りませんので、結局は下がる方向性は変わりません。
上のチャートの高値ラインを越えるか、越えないかを
監視することが重要になってきます。

下落時の買いエネルギーについてイラストで表現したいけど
上手に描けませんのでユーチューブで探してみました。
おもしろい動画が見つかりましたので紹介しますね。

 

 

見てくれましたか?
上から落ちてきたボールのエネルギーは上昇する力が
残っていますが、前の山を越えることはできません。
だんだん、小さい波へと収束していきます。

為替相場も似ていて、こんな感じで高値を切り下げます。
直近高値を抜けないかぎりは徐々に波が小さくなるか
直近安値をさらに下にブレイクしていきます。

この動画のイメージを頭の片隅に残しておけば
直近高値の重要性がFXにいかせると思います。
下落時は高値を要チェックです!

ポンド円の15分足チャートの方が動画に近いです。
安値まで下がった後、戻り高値ラインを切り下げて
エネルギーを失っています。

こうなると直近安値と戻り高値をブレイクしないかぎり
狭い範囲でレンジを形成することになります。
直近安値と戻り高値の絡みを監視することが大切です。

もちろん白矢印のようにV字回復で上昇することも
為替相場ではあります。
特に最後の安値が重要なラインと絡んでいる時に
上昇しやすいです。

V字回復上昇パターンの時もピンク線で表示した
高値ラインが目標であり、抵抗線として機能します。
チャートを後から見るとV字回復上昇パターンは
大きな利益が稼げるようにみえます。

エントリーできればラッキーで、できない場合は
次を狙うくらいの気持ちでないとダメです。
惜しかったなぁとか、損したなぁと考えたら
FXのトレードは長続きしません。

逆に今回みたいなパターンの方がチャンスです。
高値と安値で挟まれたレンジが収束するのを待って
ブレイクした方に素直についていく。
損切りポイントも明確なストレスの少ないトレードです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: チャート分析, トレンド, レンジ   タグ:   この投稿のパーマリンク


下落時は戻り売り、買いなら直近高値ブレイク待ち への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    凄い分りやすい動画を見つけてきましたね^^w
    落ちてるナイフを手で掴むって表現がある位下落時のエネルギーは大きいですもんね。
    ちゃんと地面に刺さって上昇トレンドに変わったのを判断しない限り戻り売り目線って感じです♪

    • 英太 より:

      伊達猫さん、
      わかっていただけてありがとうございます^^
      こんなにイメージぴったりの動画がみつかるとは思いませんでした。
      私の下手な文章を読むよりも動画を見た方がイメージわくはずです。

      下落時のエネルギーに巻き込まれたら大変ですよね。
      『ちゃんと地面に刺さって・・・』
      その表現もわかりやすいです。
      下落時に中途半端な位置で買うと大やけどですから。
      まずは戻り売りです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!