メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

三角持ち合いブレイク順張りで快勝【FX革命検証】

昨日のトレードプラン通り三角持ち合い内では
エントリーしないか、逆張りした人は勝てたと思います。
FX革命はトレンドフォロータイプのサインですから
ノートレードですね。

もし、サイン通りにエントリーしていたら
6回も売買することになります。
約30pipsほどのレンジ内では思うように勝てず
スプレッド分は負けているはずです。

トレンドフォロータイプのサインは出てから
為替レートが伸びてくれないと勝てません。
ロスカットの連続で損切り貧乏になってしまいます。

FX革命は三角持ち合いブレイクで順張り

トレードプラン通り三角持ち合いブレイク後に出た
サインにしたがって順張りエントリーです。

【検証結果】
◆結果
3勝4敗(勝率42.9%)
勝ち:90.2pips 負け:46.7pips
損益:+43.5pips

トライアングルを下にブレイクしましたが
前日安値で下げ渋りました。
ここで3回のトレードがイマイチに終わっています。
4回目のトレードは大きく上昇してくれました。

1回目にブレイクした方向とは逆の方向に
トレンドが出る場合もあります。
セオリー通りにショート(売り)の損切り設定を
三角持ち合いの反対側に置いていれば・・・

1回のロスカット後、ドテンロング(買い)で
損切り分を上回る利益を確保できていますね。

また前日安値にラインを引いていれば下にブレイクしても
下げ渋っているのが、よく分かります。
トリプルボトム状に下値を固めたあとは上昇しています。

前日高値で一旦、上げ渋った後、さらに上昇しています。
この上昇が止まった所もラインを引いておくと
興味深い結果になっています。

今週の月曜日(9月5日)にギャップダウンで始まり
戻した高値が当日の高値です。
この、今週月曜の高値にラインを引いておくと
ほぼ同じくらいで昨日は止まっています。

さらに火曜日の急上昇の後、下落してもみ合った場所の
上限(レジスタンス)も、ほぼ同じラインです。

何か、不思議と言うか、面白くないですか?
ラインを引いてて止まりやすいポイントが見つかると
チャートって楽しいって思います。
過去に売買があった場所は意識されやすいんですね。

もちろん必ず止まるとは限りません。
でも事前に知っているのと知らないのでは違うと
思うんです。

例えば、土地勘のある場所を車で運転していたら

・この時間、この場所は渋滞しやすいんだよね
・この先は2車線が1車線になるから早めに車線変更

などなど、知っていると行動しやすくなります。
逆に土地勘の無い場所を走行する時はスムーズに
運転できないものです。

慣れたドライバーなら他府県ナンバー車を見たら、
気をつけますよね。
いきなり車線変更とかしてきますから。

同じようにFXでもラインを引くことによって
事前の準備ができます。
上昇トレンドでも一直線に上昇しません。
一旦、上昇を渋って、もみ合ってから上昇していきます。

いわゆる、押し目を作って上昇トレンドが形成されます。
止まりそうなポイントが分かっていれば・・・
落ち着いてトレンドを見ていられますね。

日足を見ると上下にヒゲがありますが陽線です。
まずは、昨日の上昇の戻りである123.6円あたりと
昨日の高値との間の攻防になります。

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

悩んでいることやわからないことがあれば
気楽にメールくださいね。

↑待ってます!

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレードルール・手法   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!