メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

レンジブレイク方向に順張りで勝つ【FX革命検証】

前日の上昇の戻りである123.6円あたりと前日高値の間の
攻防になると書きました。
結局、東京時間では123.94円を高値に30pipsほどの
レンジになりました。

前日上昇後の戻りラインも一旦ブレイクしかけましたが
下げ渋って上昇し、東京時間のレンジを上にブレイク。
ダブルトップで上げ渋り、再度レンジ下限に戻りました。

レンジ下限で下げ渋りましたが下へブレイク後
一気に加速して1円強下げました。

FX革命のサインはレンジで損失を積み重ね、
最後の下落で取り戻したって感じです。

【検証結果】
◆結果
3勝5敗(勝率37.5%)
勝ち:87.5pips 負け:85.3pips
損益:+2.2pips

レンジをブレイクしたら順張り

レンジをブレイクしたら素直に順張りですね。
もちろん「ダマシ」と言われるように必ず勢いが
つくとは限りません。

ただ、損切りはわかりやすいですよね。
ブレイク失敗したならエントリーした理由がなくなるから
エグジット(この場合は損切り)するだけですから。

今回の場合ならブレイク直後に出来た直近高値を
抜けられなかったことでダブルトップになりやすい。
高値を切り下げる形の陰線が連続して出現しています。

レンジをブレイクした場合

・ブレイクしたら即エントリーする
・ブレイク後の戻りでエントリー

上記の2つが考えられます。
どちらが良いかは好みの問題でしょうね。

昨夜の上へのブレイクは下ヒゲをつけて
戻っています。
下へのブレイクは戻りは無く一気に下げてます。
どちらの可能性もあるわけです。

ルールを決めたら迷わずに従うことです。
ブレイク後の戻りでエントリーすると決めたなら
ブレイク後に一気に勢いがついた時は諦めることです。

一気に加速した場合は「次のチャンスを待とう」と
一旦、リセットしてください。
ブレイクしたら即エントリーした時にダマシで
高値(安値)つかみで一気に反転することもあります。

その時に「あ~あ、やっぱり戻りを待つべきだった」と
後悔しても仕方ありません。
反省は必要ですが、意味の無い後悔はいりません。

基本的な軸はぶらしてはダメなのです。
ルールというのは上手くいく時もあればダメな時もあります。
上手くいく確率が高いモノを集めたのがルールになります。

すべて上手くいくルールがあれば簡単に億万長者になれます。
実際には、そんなものは幻想にすぎません。
自分で決めたルールを守って淡々とトレードする。
これがFXを長く続けるコツです!

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

悩んでいることやわからないことがあれば
気楽にメールくださいね。

↑待ってます!

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレードルール・手法   パーマリンク


レンジブレイク方向に順張りで勝つ【FX革命検証】 への2件のコメント

  1. セレブねこ より:

    英太さん、どうもこんばんわー☆
    お邪魔してますぅ。
    ご訪問&ポチありがとうございました♪

    ルール大事ですよねェ(*´Д`*)
    後悔ばっかりですよー
    上手くなりたいですぅ。

    研究していらして素晴らしいですねv
    参考にさせていただきますー(*^▽^*)ノ
    来週も頑張りましょう~♪

  2. eita より:

    セレブねこさん、こんにちは。

    自分のルールを作って守ることですね。
    これの繰り返しでトータルで利益を出す。
    シンプルなんですが・・・
    身につくまでの時間は人それぞれです。

    お互いにニコニコ生活できるように
    がんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!