メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

リスクを避け平均損失を小さくして利益を稼ぐ

ユーロドルは重要と考えたレジスタンスラインを抜けられず
反落し短期で下降トレンドを形成しました。
直近のサポートラインも下抜け、下落の勢いが増すかと
考えていました。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

FX革命のオンラインセミナーに参加しながら下落に期待して
売り(ショート)していました。
昨日は21:45にECB政策金利という経済指標発表を控えていて
グズグズとした値動きでしたね。

リターンを狙うよりもリスクを避けるのが基本ルールなので
発表前に薄利でエグジットしました。
今回はラッキーな結果となり、指標発表後は一気に上昇し
当日高値も上回りました。

しかし前日高値を少しだけ更新しただけで急落しました。
結局、火曜、水曜と機能していた上昇トレンドラインも
下抜けていきました。

今まで機能していた上昇トレンドラインが役割を変えて
レジスタンスラインに変わっています。
戻りは、このラインと半値戻しを意識したのか・・・
長い上ヒゲをつけましたね。

リターンの裏側には必ずリスクがある

昨日も書きましたがリスクとリターンのバランスが重要です。
私にとっては経済指標の発表はリスクです。
しかし、経済指標狙いのトレーダーにとってはチャンスです。
どっちも正解ですし、トレード手法は人それぞれです。

ルールとして決めているので、もし指標発表後に急落しても
後悔なんてしません。
逆にルールを破って上昇して損失を出す方がメンタル的に
その後のトレードに悪影響が出ます。

別に経済指標の発表時だけがチャンスじゃないですからね。
たしかに爆発的な利益は魅力的ですけど・・・^^;
いったんトレンドが出ればボーナス的に大きな利益を得る
チャンスはいくらでもあります。

リスクとリターンのバランスなんて人によって違います。
性格によっても違うし、資金・トレードスタイルなどなど
人によって条件が違うのです。

私が負け続けている人に推奨するのは守りの強化です。
昨日の話で言えば平均利益を伸ばすことよりも先にすることは
平均損失を減らすことです。

手始めに負けパターンの典型「コツコツドカン」のドカンを
無くすことです。
勝てない人のトレード記録を見ると突出した損失額があって
そのトレードを省くとプラマイゼロか微損ですんでいます。

次はリスクの小さい場所でエントリーするルールを作ります。
要は損切りラインに近いポイントでしか仕掛けないことです。
損切りすることは損失を確定することだから誰だって嫌です。
どうせ損切りするなら小さい損失に抑えることですね。

 

ロスカット金額が大きくなればなるほど切れません。

だからエントリーする時に損切りラインから離れていたら
見送るトレードルールを作ってください。
為替相場があるかぎり、チャンスは何度でも来ますから。

昨日のオンラインセミナーで年末年始の相場は荒れるのか?
という質問がありました。
年末年始は為替相場に参加する人が少なくなります。
欧米ではクリスマス休暇もあるので長期の休みになります。

参加者が少なくなると、どうしても値動きが荒くなります。
私の場合は、リスクが高いと判断して基本は様子見です。
今年からFXを始めて年末年始が初めてならば無理に取引せず
どんな雰囲気かを味わうだけでも良いと思います。

リスクを承知でトレードする場合は充分注意してください。
素早い判断ができる人には大きなチャンスかもしれません。
とにかく利益ばかり追わずに、必ずリスクの存在を忘れないで
トレードしてください。

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), トレードルール・手法, 損切り(ロスカット), 資金管理(マネーマネジメント)   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!