メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ラインのブレイクアウト戦略で負けました・・・

ブレイクアウト戦略トレンドが転換、または加速するポイントで
エントリーして利益を狙います。
絶妙なポイントでエントリーすると短期間に大きな利益が出るので
好んで使うトレーダーは多数います。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは先週末に下落の流れを形成しましたが、
その安値近くでは、下げ渋って上昇に転じています。
ただし、ゴルスパのレジスタンスライン(太い紫線)が2本、
上昇を押さえている状態です。

この強力なレジスタンスゾーンが売り買いの攻防の最前線と
私は考えています。
上抜けるのか?、それとも抵抗されるのか?、チェックします。

ラインのブレイクアウト戦略も勝敗は相場しだい!

ラインでブレイクアウト戦略を使う場合は、トレンドラインや
サポートライン&レジスタンスラインを抜けた時に仕掛けます。
ラインのブレイクアウト戦略は、いわゆる『ダマシ』も多いので
連続して負けると、相談メールを送ってくる方もいます。

ゴールデンスパイダーFXの購入者のSさんからトレード記録画像が
届きましたが、ラインのブレイクアウト戦略でした。
サポートラインの下抜けポイントを狙ったエントリーです。
Sさんのトレードは負けたのではなく、利益が伸びませんでした。

トレードをすると、思い通りに利益が伸びなかったり、
損切りになってしまうことはあります。
ところが、思い込みが激しい人ほど上手くいかなかった時に
変な考え方をしてしまうことがあります。

それはトレードが上手くいかない原因を勘違いしてしまうのです。
エントリーポイントが悪い?とか、トレード手法が悪い?とか、
自分のトレードに原因を探してしまいます。
ここで悩むと聖杯探しという樹海に迷い込んでしまいますね。

私を信じてくれた購入者さんが変な所で悩んで欲しくないので、
トレード記録画像を送ってもらうようにしています。
自分一人で悩んでいると間違った部分を原因にしてしてしまうため
どんどん遠回りになる恐れがあるからです。

Sさんのトレードも、まったく問題ありませんでした。
エントリーポイント、損切りポイント、利益確定ポイントも
しっかりとプランニングされていました。
ただ、結果的に今回は利益が伸びなかっただけのことです。

結果論として利益が伸びなかった理由はありました。
Sさんがエントリーしてからゴルスパのサポートラインが
自動で引かれたのです。
今回は、このサポートラインが機能して下げ渋りました。

ただし、、今回はサポートラインを下抜けできなかったけど、
相場しだいでは、下抜けた可能性もあるのです。
勝ち負けしか興味がない人は納得できないかもしれませんが
それが相場というモノです。

だから、勝ち負けよりも納得のいくトレードをしましょう
私はメールで回答することが多いです。
マイトレードルールにしたがってトレードできればOKで、
利益が出るか、損切りになるかは、相場しだいです。

相場は上がるか、下がるかですから乱暴に言えば確率50%で、
少しでも可能性を高めるために優位性のあるポイントを探します。
相場は不確実ですから、負ける時は負けるのです。

だから、勝敗よりも納得いくトレードを目指すことが重要で、
続けていれば結果は後からついてきます。
損を出したくないという思いが強ければ強い人ほど
この話は理解に苦しむでしょうけど・・・。

自分のトレードって自分自身では意外と分かりにくいものです。
特に問題の無いトレードですら、負けたという事実の前では
もしかしたら・・・間違ってるのかなと考えてしまいます。
でも、第三者は感情抜きで判断できるため、逆に分かります。

あなたも一人で悩まずに、身近にいる友人のトレーダーや、
サポート付きのFX教材を持っている人は販売者や紹介者に
トレード記録を見せて、相談した方が勘違いしなくて済みます。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ですからね。

それが出来ない人は、勝った、負けたにこだわるのではなく、
マイルールにしたがうことに集中してください。
とにかく、納得のいくトレードを積み重ねましょう。

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), サポートライン・レジスタンスライン, トレードプラン, トレードルール・手法, トレード記録   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


ラインのブレイクアウト戦略で負けました・・・ への4件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    勝てる優位性があるポイントっていうだけで、結果として負ける事なんて多々ありますもんね^^;
    負けて当然勝ってラッキー位にメンタルを維持しておくのが同じ手法を継続して使うコツなのかなとも思ってます。w
    お姉ちゃんを追いかける時でも振られて当たり前ゲットできてラッキーって思えるからいつまでも追いかけ続ける事が出来るのかな。ww
    トレードとお姉ちゃんをひっかけるのは似てる気が^^w

    • 英太 より:

      一人で悩んでしまうと、結果として負けることが認められなくて、
      トレード手法などに解決策を求めてしまうことがあります。
      だから、伊達猫さんのように勝ってラッキーくらいがコツですね^^w
      さすがは師匠、ナ○パ師の鉄則のようなことを言われますなぁ。
      世の中、不確実なことが多いってことでしょうね^^w

  2. りん より:

    びっくり。この記事を読んでから書いたかのようなブログを先程、自分のブログをupしてきました。ww

    うまく利が伸びなくて万が一、結果的に損切になってしまったとしてもそれが間違いという訳ではない。
    まさに昨日の私です。
    1.3060 1.3075 からのショートが結果的に同値撤退になりました。
    けど、同値になったからといってそこからのエントリーが間違っていたとは思っていません。

    1.3070~3080レジスタンスに今週は注目しています。

    • 英太 より:

      って言うか、りんさんは自分で気づかないほど成長しているんですよ。
      先日の件も特別講師として参入してもらいたいくらい^^
      利益が伸びるかどうかは、相場しだいですから・・・・
      悩むことも、ましてや間違いではないですね。
      方向性は合っていますから、戻り過ぎは気にしない、気にしない。
      再エントリーするだけですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!