メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ラインとラインで挟まれると揉み合う(レンジ)!

ラインを引いてチャートを見ると、とても分かりやすいです。
分かりやすいようにラインを引いているとも言えます。
この部分は、RSIやストキャスティクス、MACD、RCIなどの
インジケーターとは特徴が異なります。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは先週末、高値を更新できなかったことを受けて
下落スタートでした。
しかし、下降のパワーもなく、下げ渋った後は上昇しています。
大きな方向感はないので、注意してトレードしたいです。

ラインとラインで挟まれると揉み合う(レンジ)

先週の金曜日、ユーロドルで高値ラインとサポートラインに
挟まれる状況がありました。
まずは、動画を観てみてください。

 

 

上記のような値動きは、どの通貨ペアでも起こりますし、
どの時間軸でも起こります。
基本的なFX書籍に色んなチャートパターンが掲載されています。
今回の状況は形だけを見ると下降三角形と同じです。

 

 

上図のように、下降三角形の場合は上から下がっていますが、
動画のケースは下から上がっています。
一般的に、下降三角形の場合は挟まれたライン内で揉み合った後
下落すると言われています。

まぁ、相場に100%はありませんので、下降三角形になっても
下落しないで、上昇することもあります。
だから、一般的なチャートパターンを覚えて、そのまま思い込みで
トレードをすると痛い目にあうわけです。

じゃあ、どうすれば良いかというとシンプルに考えましょう。
上側にあるラインをレジスタンスライン(抵抗線)、
下側にあるラインをサポートライン(支持線)と見るだけです。

上図の赤ラインに抵抗されたり、青ラインに支持されている間は
値動きは揉み合います。
そして、赤ラインを上に抜ければ上昇していきますし、
青ラインを下に抜ければ下落していきます。

このチャートパターンは上に抜けやすいとか、下に抜けやすいと
覚える必要は無く、素直に抜けた方についていくだけです。
このようにチャートパターンもラインの役割を考えると、
とってもシンプルになります。

他のインジケーターではチャートパターンに関して、
こんなにシンプルに考えられないはずです。
結局、相場の値動きを計算して描かれるインジケーターは、
結果をトレースしているだけです。

チャートを見る時に、ラインを活用できるようになると
ホント、楽しくなりますよ!

PS
13日(土曜日)にゴルスパ通信を配信しています。
今回の話に関する動画ですので、ぜひ観てくださいね。

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャートパターン, トレードルール・手法, レンジ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


ラインとラインで挟まれると揉み合う(レンジ)! への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    ユーロドルも他の通貨もじわり上げが続いてますね~なんかトレードしづらいんで飲んでました。w
    挟まれて揉み合う・・・いいですね~♪
    自分も挟まれて揉み合って、しまいには抜けて気持ちよく・・・あっすいません変な意味じゃないですよ。w

    • 英太 より:

      伊達猫さんのスタイルだと、やりづらいでしょうね・・・。
      ここは、飲んで待つが正解かも^^w
      しかし、伊達猫さんにかかると、どんな言葉も妖しくなりますなぁ^^ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!