メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ポジポジ病の人こそ「休むも相場」を実践する!

ユーロドルの相場は揉み合いゾーンから下に抜けると
上昇トレンドラインもブレイクダウンしていきました。
しかし17日の安値を試す前に別の安値ラインで下げ渋り
サポートされたのを確認して反転上昇しました。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

その上昇も、まるで計ったかのように18日から揉み合った
ゾーンの上辺で押さえられました。
ラインなんて、なぜ引くのかと思う人もいるかもしれませんが
相場が意識するラインがあるのも事実です。

意識されたラインを有効活用することでトレードの確率が
まったく考えない人に比べて明らかに向上します。
意識されるラインを予想するのではなく準備をするのです。

昨日のユーロドルで上昇トレンドラインを下抜けしたので
売りのチャンスを狙った人もいるでしょう。
もしくは売りで乗り遅れたと考えてしまったかもしれません。
上のチャートで言うと白い楕円形部分です。

このようにサポートラインが引いてあれば下げ渋っているのが
とてもよくわかります。
売りエントリーした時でもサポートラインを抜けないことで
損切りの準備をすることができます。

また白い四角部分はどうでしょう。
この上昇の勢いに乗り遅れるなっ!と買いエントリーして
高値つかみになったかもしれません。

レジスタンスラインがあるから意識されるかもしれないと
買いエントリーをしないで待つことができます。
レジスタンスラインを意識せずにブレイクしていったときでも
戻りを待つだけです。

しかし、中には待つことができない人がいます。
いつでもポジションを持っていないと落ち着かない人、
そうです、ポジポジ病と呼ばれるクセがある人たちです。

エグジットしたかと思うと、すぐ次のチャンスをみつけて、
エントリーしてしまいます。
冷静に考えれば現金(ノーポジ)の方がリスクは少ないのに
ポジションを持たないことに不安を感じてしまう。

確率の高いエントリーチャンスがくるまで待ちましょうと
アドバイスをしても、わかってくれません。
ポジポジ病の人は心に余裕が無いからです。

FXにかぎらず、投資は余裕資金でやることが大原則です。
生活資金や近々に使う予定があるお金は使ってはダメです。
借金を抱えた逆境からFXで人生大逆転したという人がいますが
そんな話は、ごくごく少数です。

ポジポジ病の人はチャートを見ない、口座にログインしない

普通は余裕資金じゃないと冷静な判断はできません。
同じように心に余裕がないとトレードもうまくいきません。
ポジポジ病の人に効く特効薬はありませんが・・・
チャートを見ないこと、FX口座にログインしないことです。

まずは「休むも相場」です。
休んでいるうちにFXをする目的を考えてください。
ポジポジ病の人はトレードをすることが目的になっています。
違いますよね、FXでお金を稼ぐのが目的のはずです。

お金を稼ぐのが目的であれば勝てる確率が高いポイントを
じっくりと待つことが大切です。
個人トレーダーはディーラーと呼ばれる人たちと違って、
いつもポジションを持っている必要性はありません。

給料をもらってトレードしている人たちは個人トレーダーより
有利な点が、たくさんあります。

・情報が早い
・約定スピードが速い
・手数料が激安

しかし、デメリットもあります。
一定の期間内に結果を出さないと、待っているのは解雇です。
相場の状況に関係なく、会社に利益を生み出すことができる
トレーダーのみ給料がもらえます。

その点、個人トレーダーは違います。
相場の状況が自分に不利と判断すれば無理してポジションを
持つ必要は全くありません。
相場からお金を頂くのであって、給料制ではありません。

個人トレーダーのメリットをいかすにはチャンスの少ない場所は
トレードしないことです。
ポジポジ病の人はトレードする回数よりも確率の高い場所を
見つけることに集中してくださいね。

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という諺がありますが
相場には通用しません!
通用させるためには豊富な資金量が必要になります。
下手な鉄砲は当たりませんから、ちゃんと狙いましょう。

ポジポジ病の人に、もうひとつ言えることがあります。
それは昨日ツイッターでもつぶやきましたが
マーティー・シュワルツ氏は、こう言っています。

実際にポジションをとる前に、いつも自問してみる。

「自分は本当に、このポジションをとりたいか」と。

byマーティ・シュワルツ(マーケットの魔術師より)

本当に必要だと思えばエントリーすれば良いし、
迷ったなら様子見で次のチャンスを待ちましょう!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。

⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), サポートライン・レジスタンスライン, チャート分析, トレードルール・手法, 相場格言・名言   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!