メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ネックラインを活用してリスク管理!

ネックラインは相場の基本的な考え方ですが活用していますか?
勝てるトレード手法を探して、特殊なモノを学ぶだけでなく、
昔からあるオーソドックスな考え方も忘れないでください。
ネックラインは世界中のトレーダーが注目しています。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは前日の流れを引き継ぎ、下落しました。
一旦、下げ止まるかと思いきや、下降トレンドラインに邪魔され
安値を切り下げます。
その後は、一転して上昇を始めていきました。

揉み合っていますが、今度こそ高値を突破できるのか、
それとも、また押さえられるのか・・・。
思い込みが激しいと失敗するのでフラットに見ていきます。

ネックラインを活用してリスク管理!

ネックラインとは、

ダブルボトム、トリプルボトム、逆三尊などの高値同士を結んだ線

ダブルトップ、トリプルトップ、三尊などの安値同士を結んだ線

です。

具体的には上のチャートのようになります。
ダブルボトムの高値に引いた黄色のラインがネックラインです。
白い矢印の通り、ネックラインを明確に上抜けると上昇の可能性が
高くなる、チャートパターンのひとつです。

一旦つけた安値を再度チャレンジするも抜けられずに上昇します。
この時、売りチームよりも買いチームが勝ったことになります。
前回、これ以上は上昇させまいと売りチームが勝った高値でも
買いチームが勝つことでネックラインを抜けていきます。

こうなると買いチームに参加してくるトレーダーは増加します。
また、売りチームに参加して売りポジションを持っていた人は
あきらめて買い戻すことになります。
このパワーも加わるのでネックラインよりも上は買い有利です。

安値圏で、さらに下落するはずと売りポジションを持っている人も
ネックラインを上抜けた段階で決済することは大切な資金を
守ることにつながります。
ネックラインはリスク管理に大いに役立ちます。

今回のチャートはネックラインの役割を見事に表しています。
緑矢印に注目して見ると、きれいに安値を支持しています。
ネックラインがサポートラインとして機能していますよね。
押し目狙いのトレーダーが参戦してくるのも予測できます。

当たり前ですが、いつも今回のチャートのようにはなりません。
もうひとつ、違うパターンのチャートを見てみましょう。

ほぼトリプルトップと判断できる相場でネックラインを下抜けた後
再度、上抜けてきます。
このようにネックラインを抜けても、必ず抜けた方向に相場が
動き出すとは言えません。

緑矢印を見ると、安値が支持されているのが分かります。
1度、上抜けたことでネックラインがサポートラインとして
役割が変わっています。
ただし、直近高値では押さえられています。

そして、2度目にネックラインを下抜けてからは、
安値を切り下げ、高値を切り下げる形で下落していってます。
高値圏、安値圏でのネックラインが重要なラインであることは
理解していただけたと思います。

ネックラインをエントリーポイントとして活用するかは別にして
リスク管理には、ぜひ活用したいだきたい重要なラインです。
ネックラインを活用してリスク管理すれば大負けはありえません。
無視すれば、トコトンやられる可能性大です。

ネックラインの考え方は、どの時間足でも起こります。
ただし、私は4時間足以上の長い時間軸を推奨します。
検証してみると分かりますが・・・かなり使えます^^
オーソドックスなチャートパターン・・・^^v

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャートパターン, 資金管理(マネーマネジメント)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク


ネックラインを活用してリスク管理! への4件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    頭としっぽはくれてやれって言う相場の格言をネックラインでトレードする時は心がけています^^
    そして4時間足以上ですか♪
    今まで気にして見た事なかったけど、今度から見てみます^^
    トレードも女性もネックラインより下がおいし・・・いや何でもないです!w

    • 英太 より:

      今回はリスク管理に集中したので書きませんでしたが、
      さすがは伊達猫さん、考えていることは同じですね^^w
      天底狙わなくても稼げますからっ!

      いやぁ、そっちのネックラインに話を持っていくところも
      伊達猫師範らしいです^^v

  2. すずひろ より:

    「ひろ」あらため「すずひろ」に変更した「ひろ」です。
    伊達猫さんを見習い、ネームの差別化を図ってみました。

    さて、今回も困った時の英太頼みということで質問です。
    今回は戻りについてです。

    1時間足のチャートで水平線のレジとサポを引きます。
    目線はロングであった場合。
    目先のレジスタンスを一気に超えてグングンと伸び
    次のレジスタンスも越えていった場合の戻りはどう考えれば
    いいのかということなんです。
    例えの神様のような英太さんに怒られてしまうかもしれませんが
    私なりの例えで言うと・・・
    現在は一階にいます、次のレジは2階です。
    値が動き2階を超えて3階までいった場合
    1階のサポート2階のレジの考えは捨てて
    3階にサポートを移して、3階と4階の値動きに対処するべきでしょうか?

    また、一般的な戻りというのは
    チャートの形で言うとキャッチーフライのように直線的なものをいうのでしょうか?
    それとも外野フライのように戻るものをいうのでしょうか?
    それぞれ時間足の見かたで直線的な戻りも、外野フライのような戻りも
    あるでしょうが・・・。
    私は1時間足をみてトレードしていますが・・・。
    判断は1時間足、トレードは15分足のようにしたほうがいいでしょうか?

    2月~4月は首位打者争いをしていたのに
    最近は来期の契約はないんじゃないかと・・・
    そんな成績が続いています(泣)

    • 英太 より:

      すずひろさん、お久しぶりです。

      すごく広い意味での質問ですので・・・・
      ケースバイケースとしか答えようがありませんよね。

      >1階のサポート2階のレジの考えは捨てて

      2階で止まらずに3階までいったということで
      勢いがあるのかなとは考えられます。

      でも、1階のサポート2階のレジの考えが捨てられるかというと
      完全には難しいです。
      私が苦手なV字反転のケースがあるからです。

      私も油断するとやってしまうので、
      よく記事でも書きますが、『思い込みの排除』が必要です。
      自分で、こうだと思い込むと違った値動きに対して対応が遅れます。

      例えって、難しいですよね。
      すずひろさんにとって、キャッチャーフライは直線的なイメージ。
      私は、ブーメランのように戻ってくるイメージがあります。

      話を戻して、すずひろさんの直線的な戻り、外野フライの戻りは
      緩やかなのか、急激なのかってことでしょうか・・・?
      そういう意味なら、そうですね。

      最近、上手くいっていないってことですが、
      すずひろさんのトレードが変わったのではないでしょうか?
      何か、付け加えたとか、逆に止めてしまったとか・・・。

      それとも、首位打者争いしていたときの相場との違いはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!