メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレード目線の固定と切り替えルールが重要!

トレードする時に買い目線なのか、売り目線なのかを決めて
チャートを監視することが重要です。
高度のスキルを持った裁量トレーダーなら買いでも売りでも
臨機応変に勝ち続けるのでしょうけどね。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

昨日のユーロドルは下に窓をあけてスタートしました。
すぐには窓埋めをしない形となって下落しましたが
2010年8月の安値を確認することもありませんでした。
反転を始めると直近安値を再確認することもなく上昇します。

窓埋めを一旦跳ね返されますが、その後は埋めながら
下降トレンドラインもブレイクしていきました。
昨日のチャートで書いておいた緑線のレジスタンスラインも
なんなく上抜けします。

役割の変わったサポートラインまでの戻りは狙えなかったので
恋スキャFXの高速スキャルに狙いを切り替えます。
今回も高速スキャルはキレイに機能しましたね^^

昨日の高値をつけた後は安値を切り下げ、高値を切り下げて
短期的に下降トレンドになりました。
サポートラインは下ヒゲでは抜けましたが実体部分では抜けず
支持される形となって再度上昇していきます。

今日は白線の前日高値ラインに、どう絡むか?
暫定的に引いた上昇トレンドラインと、どう絡むか?
と、いった感じで今日は引き続き買い目線でいきます。

トレード目線の固定と切り替えルール

自分の見方でトレンドが転換しなければトレード目線は固定、
トレンドが変わったと思ったらトレード目線を切り替えます。
上の図はオレンジ線で示されるように下降トレンドからの
値動きの色んなパターンです。

昨日のユーロドルのように下降トレンドラインを抜けた後
上昇することもあるし、高値ラインで上げ止まったりします。
また一旦、下降トレンドラインを抜けたものの勢いがなく
再度ラインを下抜けることもあります。

上の図では描ききれませんでしたが下降トレンドラインを
抜けた後、高値ラインを抜け切れず横ばいの動きもあります。
レンジ相場でエネルギーを溜めて強気になれば上昇し、
弱気になれば再度、下落が始まります。

ポイントは下降トレンドラインをブレイクした後、
どこでサポートされるのかを見ることです。
当たり前ですが下降トレンドラインを上抜けたとしても
サポートされなければ、また下落していくことになります。

新しいサポートラインが生まれる場合もありますが
私は次の2つに注目しています。
ひとつは上図の直近高値ライン(緑線)です。
このレジスタンスラインを上抜けるかどうかです。

上抜ければ役割が変わってサポートラインになる可能性が
生まれて、その後の値動きが支持されるかに注目します。
サポートラインとして機能すれば私は買い目線に切り替えて
トレードプランを立てます。

もうひとつは安値を切り上げて、高値を切り上げるかを監視し
上昇トレンドラインが引けるかどうかです。
確定して引けるようになれば上昇トレンドラインがサポートに
なるので、同じく買い目線に切り替えます。

シンプルに、この作業のくり返しです。
トレンドが継続していればトレード目線は固定して、
トレンドの転換を確認したら切り替えるだけです。

トレード目線が決まれば自分のエントリーポイントになるのを
淡々と待つのみです。
トレンドラインもサポートライン&レジスタンスラインも
100%機能するわけではないので、ダメな時は損切りします。

私はラインを使っていますが、あなたの好きな方法で
同じようにトレード目線の固定と切り替えをするだけです。
値頃感でトレードするよりシンプルですよね。

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャート分析, トレンド, トレードプラン, トレードルール・手法   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク


トレード目線の固定と切り替えルールが重要! への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    ライントレードは使用している人も多く、それだけに機能する率も良いですよね^^
    ただホントにトレンドの転換に気づかないでいるとダメージもデカいですが><
    損切りは必須の防御であり武器ですね♪♪
    ただ自分の場合タイミングがズレて損切りしちゃうことがしょっちゅうですが^^;w

    • 英太 より:

      多くの人が使っているオーソドックスなモノが
      シンプルで良いと思っています。
      伊達猫さんの、ご指摘通りで損切りさえ守れば
      見誤っても大きな痛手はないですね^^
      やっぱり負けを認めるというか、違うと思ったら
      即切りすることかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!