メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレードプラン(シナリオ)の作成は後付けから始める

チャートって、生まれて初めて見たときってどうでしたか?
私は、

 

「何だ、こりゃ?
 こんなの見て、上がるか下がるかが分かるの?」

 

って、感じでした。
そんな私も、今ではチャート無しでFXは考えられません。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは下降トレンドを形成して下落したあとは揉み合い。
レジスタンスラインで売られ、サポートラインで買われてます。
しかし、大きな流れの揉み合い下限ゾーンは下抜けているので
現在は売り目線です。

短期的に買いエントリーしてもサポートとして機能していた
下限ゾーンは強いレジスタンスになるので伸びにくいです。
私はレジスタンスラインまで戻ってきたら、もぐら叩きのように
売り叩きチームとして参戦します。

トレードプラン(シナリオ)作成の学習方法

チャートの見方や、どんな風に活用するのか、本を読んだり
ネットで調べたり、情報を集めまくりました。
他のトレーダーのブログを見ると、同じチャートを見てるはずでも
その後の値動きを見事に予測していて・・・

「すっげ~、勝っている人は能力者か?」

と、衝撃を受けたものです。
感動しながら、いろんなブログを見ていると・・・
たまに、次のようなコメントを見かけることがありました。

「こんなの、後付けじゃん!!」

たしかに、相場の後付けで勝ったとか、いくら儲けましたって
話を書いていたら、意味がないと思います。
でも、後付けでも何でも、私は勉強になるから別にかまいません。

と言うか、後付けでもトレードプランの作成理由が説明できれば
それだけで、凄いと素直に思いました。
だって、その時の自分は、後付けでも出来ませんでしたから。
他の人はどう言おうと、後付け、事後解説、大歓迎です。

ラインを使ったトレードプラン(シナリオ)の学習方法として

 

1)ラインの基本を学ぶ
2)過去チャートでラインを引いてトレードプランを作成
3)リアルチャートでラインを引いてトレードプランを作成

 

という流れで段階的に進めました。
ここまで書いて、ふと思ったことがあります。

実はラインの学習方法として
ラインは引いて、引いて、引きまくってマスター!】と
紹介しましたが、数人の方からピンと来ないようなメールを
もらっていました。

もしかして、ラインを引く目的が違うから?、ふと思いました。
私がラインを引く目的は単純で、トレードプランのためです。
ローソク足だけではトレードプランを作成できないので
ラインを引くことで判断材料にしています。

過去チャートでラインを引いてトレードプランを作成

ラインを引く → トレードプランを作成 → トレード
→ 検証 → 引き方を改善してラインを引く

 

過去チャートを使って地道に繰り返しただけです。
1日分のトレードプランを作成して、次の日の値動きを確認し
自分のプランの良かった点、悪かった点を検証します。
これを連続してやっていくことで、だんだん分かってきました。

ラインの引き方を読んだだけで、パパッと引けるようになる人は
そいういう人こそ、天才であり、相場の才能がある人です。
秘訣とか、極意とかを知りたがる人は多いですけれど、
多くの人は反復練習でマスターしています。

過去チャートを使ってトレードプランを作成する自信がつけば
次はリアルチャートに移行してトレードプランを作成します。
今度はチャートが動いているので新しいラインが生まれたり
それまで機能していたラインの役割が代わったりします。

 

リアルに動くチャートを監視しながら・・・

 

【 ラインを引く + トレードプランを作成する 】

 

上記のことをセットで同時におこなう必要があります。
過去チャートでトレードプランが作成できるようになっても
すぐにリアルチャートでマスターできなくても仕方ありません。
リアルと過去のギャップを埋める練習は必要です。

【ラインを引く + トレードプランを作成する】

以前、後出しにならないように

>最近、紹介しているゴールデンスパイダーFXですが、
>これを活用して勝てるトレーダーが続出する予感がします。

と、書きました。

【ラインを引く】という部分を自動でおこなってくれるので
【トレードプランを作成する】という部分だけに集中できます。
これが、予感のひとつの理由です。

過去チャートを使ってトレードプランを作成するスキルがあれば
ゴルスパチャートに慣れれば勝てると考えています。
実際、過去チャートではトレードプランを作成できるのに
リアルになると難しいんですという相談メールは多数届きます。

もし、ゴールデンスパイダーFXのチャートを使って勝てない人は
過去チャートでもトレードプランの作成がイマイチでしょう。
マスターしているつもりで、まだまだってことが分かります。

また、私自身も特に苦労したことが2つありました。

・ラインに気づかない
・ラインを引き忘れる

後から見れば気づいたり、引き忘れを発見できます。
過去チャートとリアルチャートのギャップですね。
ここも魔法のようなモノはなく、経験の積み重ねであり
反復練習しかないと思います。

「気づかない」や「引き忘れる」ことも自動で引いてくれれば
そんな心配はありません。
だから、やるのは【トレードプランを作成する】だけです。

自分でラインを引く場合は

ラインを引く → トレードプランを作成 → トレード
→ 検証 → 改善してラインを引く

ラインを自動で引いてくれることで

トレードプランを作成 → トレード → 検証

これだけシンプルになります。
ラインを活用してリアルトレードで勝てるようになれば
自信がつくので、次のスキルを学ぶ段階に移行できます。

だからこそ、まずはトレードプラン(シナリオ)の作成は
後付けで良いので過去チャートから始めてください。

1)ラインの基本を学ぶ
2)過去チャートでラインを引いてトレードプランを作成
3)リアルチャートでラインを引いてトレードプランを作成

FXも「お金儲け」ですから、立派な「ビジネス」です。
「簡単」「楽」「誰でも」なんて美味しい話はないと考えて
トレードスキルをマスターしていきましょう。

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ゴールデンスパイダーFX, トレードプラン, トレード検証   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!