メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレードスキルが伸びる人と伸びない人の違いとは?

トレードスキルが伸びる人と伸びない人は、
サポートをしているとビックリするほど、よく分かります。
結論から言えば、自分で考えないで答えだけを求め続ける人は
いつまで経ってもトレードスキルは身に付かない傾向があります。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ゴールデンスパイダーFXのユーロドル1時間足

ユーロドルはサポートライン&レジスタンスラインに挟まれて
見事に揉み合いました。
抜けてからにするか、それとも揉み合い中も狙うか、
あなたのスタイルに合わせて、焦らずチャンスを待ちましょう。

トレードスキルが伸びる人は自ら考えるタイプ

私がサポートをする時には、質問に対して答えを返信する時と
関連する質問や課題を返信する時があります。
その時、質問を送ってくれた人は2つのタイプに分かれます。
音信不通になる人と必死で考えてメールを返してくれる人です。

自分で考えないで答えだけを求める人は誰かに依存しています。
また、自ら考えることをしないと理解が、とても浅いです。
答えだけを知ったとしても、すぐ忘れてしまうことが多いですし、
結局、活用できずに終わってしまうものです。

誰かに依存し続けたい人は自動売買やシグナル配信サービスを
選択してトレードするしかないと思います。
他人に依存する人は、騙されやすいので永遠に【カモ】です。
運が良ければ優良なモノに出会えて稼げるかもしれませんが・・

逆に自分で考えた結果、気づいたことは記憶に残ります。
同じような経験をしたことがある人なら分かると思います。
自ら気づいたことや発見したこそ、本物の財産です。

将来、会社など誰かに依存していては不安だと考えているなら、
自ら切り開かないと、現状とやっていることは同じです。
私はFXなら裁量トレードが出来るようになってこそ、
自立した人生が送れるようになると考えています。

そのためにも自分で考えることが重要になってきます。
先日、中スポに米長邦雄永世棋聖が『子ども将棋』について
次のようなコラムを書いていました。

今の子どもに必要なものとは、

自分で考えること
自分で判断すること
自分で結論を出すこと

等々の応用力である。

それに最適なのが将棋であると、普及活動をしているそうです。
トレードスキルが伸びるか、伸びないかも同じことです。
私も勝てる手法ばかり探していた頃は、
どうすれば勝てるかというノウハウ探ししか頭に無かったです。

そのせいか、自分で考えることが重要と教えてくれる人を
私は引き寄せることができませんでした。
だからこそ、私とご縁のある人たちには気づいて欲しくて、
耳タコかもしれないけれど、何度も訴え続けるのです。

撲滅!トレード手法依存症】に関する記事を重ねていくうちに
理解してくれる方も増えてきて、嬉しく思っています。
ただ、やっぱり手っ取り早く勝てるようになりたい人が多いのと
私の力不足で、まだまだの感はありますけど・・・。

自分で考えると短期間でトレードが変わる!

先月末から【LMSP】に参加しているTさんを紹介します。
わからないことは、そのままにしておかないで質問をしてくる
とても熱心な方です。

まめにアウトプットしてくれますので、どこが理解できていて、
どこを間違えてしまっているのかが、伝わってきます。
初期段階でトレンドラインの引き方を勘違いされていたので、
変な癖が付く前に修正してもらうこともできました。

何度か、Tさんとメールのやり取りをしていましたが、
ある時、質問に対して答えずに課題を投げかけました。
数日後、びっしりと自分の考え方を返信してくれたのです。
必死にチャートを見続けたのが、とても伝わって感動しました。

このメールを読んでTさんは、このまま継続さえしていけば、
間違いなく稼げるようになると確信しましたね^^
だって、始めて1週間ちょっとでメチャメチャ変わってるから。
Tさんの感想を紹介すると・・・

今まで▲▲▲▲などを行っていなかったので、
●●●を決めることでこんなにもチャートの見方が変わるのかと
びっくりしています。
(【LMSP】の肝のため伏字です。すみません。)

Tさんが素直に実践したから、自らの成長に驚けたのです。
【LMSP】は短期間でラインを使ったトレードが学べるように
プログラムしてありますが、読んだだけでは何も変わりません。
自分で考えて、行動してはじめて、プログラム効果を発揮します。

チャートの見方が変わった人たちは私にとても感謝してくれます。
でも、別に私は大したことはしていないのです。
取り組んでいる方たちが、自分で考え、自分で行動することで
過去の自分と違うトレーダーになっているだけです。

私は、ほんのちょとだけ、背中を押す手伝いをしたり、
ズレそうになった方向を元に戻してるだけなんです。
尾田栄一郎先生の漫画『ワンピース』で言えば、
私は航海士のナミ的な存在です。(男ですが・・・^^;)

そして、あなたが船長のモンキー・D・ルフィなんです。
自分がやりたくないトレードスタイルは嫌!って言えるし、
ワクワクするぞ~って感じるトレーダーを目指せば良いんです。
トレーダーこそ、現代の海賊かもしれませんね^^

すべてにおいて、選択や決断するのは船長の仕事です。
航海士は間違った方向に行かないようにしているだけです。
ゴムゴムの実を食べてもトレードスキルは伸びません!
あなた自身が考えて行動するから伸びるのです。

海賊のように誰かに依存しない人生を楽しみたかったら
思考停止していないで、自分で考えることです。
あなたの限りある人生を自由に生きるために、
今、この瞬間からFXの考え方や取り組み方を変えてみてください。

 

PS
今回は別のプレゼント動画(相場の本質)の感想を紹介します。
(伏字が多くて、すみません)

「損失の▲▲▲」と「●●」の大切さ
英太さんのおっしゃるとおり、前回メルマガで読んだときは
わかっているつもりでわかってなかったんです。
「あたりまえじゃん」と思いながら理解できていなかったんだと
今はわかります。

相場は▲▲▲⇒負ける⇒上手に●●●●
損失は▲▲▲できるが、利益は●●●●できない。
勝つ▲▲▲トレードを目指す。
ラインを●●●●て、エントリーする。

FXの教本によくでてくるような基本的なことですが、
それがすごく大切なんだということが分かりました。
分かることと、実際にトレードの中で実践できることは違うので
毎回のトレードで意識できるようにして行こうと思います。

街にはイルミネーションが飾られ、サンタの季節になりました。
そこで、今年もクリスマス恒例の期間限定企画を開催します。
ラインを使ってトレードしている私にとって一押し教材である
ゴールデンスパイダーFXに期間限定のプレゼントを付けました。

先月、ゴルスパ購入者さん限定でゴルスパルタ塾を行いました。
必ずアウトプットしてもらうことが参加条件でしたから、
期間中は、熱い意見交換が飛び交いました。
そういう環境下でしたから、私も濃い情報発信を楽しみました。

動画を効果的に使いましたので、わかりやすいと好評でした。
その中でも特に評判が良かった動画3本をプレゼントします。
塾に参加していただいた方からのアウトプットがあったからこそ
撮ることができたコラボ動画だと思っています。

航海士が必要かなと思われたら検討してみてください。
動画プレゼントは12月21日までの期間限定とします。
ゴールデンスパイダーFX

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ゴールデンスパイダーFX, 投資マインド   タグ:   この投稿のパーマリンク


トレードスキルが伸びる人と伸びない人の違いとは? への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    英太さんが航海士の船ならどんな嵐でも天変地異が起きても迷うことなくラフテルに到達できそうですね♪
    自分の船は流れに身を任せラフテルに到達できずに女ヶ島で一生を終えそうです。。
    優秀な航海士雇おうかな。w

    • 英太 より:

      いやいや、日ごろの行いが良い伊達猫さんはカマバッカ王国に到達しますよ^^w
      マダム・シャーリーの占いにも、そう出ていました!!
      そして、優秀な航海士は新宿2丁目で面接するのでしょうか?ww
      ヒーハー^^ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!