メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレードで勝つために大切なこととは?

トレードで勝つためには学ぶことが色々とあります。
樹木に例えれば根っこや幹を大切にして欲しいと考えています。
しかし、枝葉にこだわっている人の方が多いと感じます。
枝葉も重要ですが、こだわっても正解はありません。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは途中で下げるような値動きもありましたが
上昇し続けました。
しかし、さすがに、以前、年初来安値だったポイントは
簡単には上抜けることができませんでした。

今後も、このレジスタンスラインは注目します。
高値を目指すのか、それとも今年の最安値を試しにいくのか
しっかりと見極めていきます。
先月の売りを考えたら、簡単に買い転換とはいかないでしょう。

意見が分かれる部分に他人の意見を求めない

読者のAさんからメルマガの感想をいただきました。

感想は「勝っている人はみんな同じことを言うなぁ」です。
そこが本当に肝なんでしょうね。

書籍にしてもトレーダーにしても根っこや幹の部分については
だいだい同じことを言っています。
重要な部分というのは考え方に大きな違いはありません。
意見に違いが無い部分は素直に取り入れてみましょう。

もちろん、天邪鬼(あまのじゃく)的にまったく逆の考え方を
してみるのも面白いと思います。
人の行く裏に道あり花の山」という有名な相場格言のように
人と同じことをしていては儲けることはできません。

だから、多くの人が言っている部分を疑うってことも大切です。
どちらが良いかは、人それぞれの好みや性格によります。
素直に取り入れる方が好きな人もいれば人と同じじゃ嫌だと
考える人がいるから、面白いですよね。

問題は人によって意見が分かれたり、異なったりする場合です。
こういう意見がいろいろ出てくるのは、枝葉に多かったりします。
トレーダーの考え方しだいで、変わってくる部分だからです。

例えば、何度も上値を押さえられているレジスタンスラインが
あったとしましょう。
何度も高値を越えるのを抵抗しているわけですから、次も抵抗を
受ける可能性が高いので売るチャンスを待つのが基本と考えます。

レジスタンスラインで売る場合

・レジスタンスラインタッチで売る
・レジスタンスゾーンと見て売る
・レジスタンスラインで反発・陰線で売る

などなどが、あります。
トレードしていれば分かりますが、どれを選んでも勝てますし、
逆に負けることもあります。
相場は、まったく同じパターンを繰り返しません。

こういった正解のない部分に、こだわってしまう人の中には
他人に意見を求めてしまう人がいます。
レジスタンスラインで売る場合について、Dさんに聞いた所、

「レジスタンスラインタッチで売ってるよ」

と、教えてもらいました。
上手くいくことが続けばラッキーですが、負けが続くと
他人に意見を求める人は、次はEさんに質問をします。

「ラインでピタッとは止まらないからゾーンで売ってるよ」

と、EさんにDさんとは違う方法を教わります。
当然、上手くいくこともあれば、失敗することもあります。
すると、今度はFさんに助けを求めます。

「反発したか、確認してから売ってるよ」

と、DさんともEさんとも違う方法を伝授されます。
他人に意見を求める人は、永遠に、この繰り返しです。
これは、典型的な負け続ける人のパターンになります。

「どうして、分かるか?」って、以前の私の姿だからです^^;
質問はしませんでしたが書籍やネットの情報を探し回りました。
いろいろな意見があるってことは、正解が無いってことです。
このことに気づくのに、とても時間が掛かりました。

だから、私は情報発信する上でテクニックなんてどうでも良い、
特に枝葉の部分については、伝えるつもりはありません。
それよりも考え方や取り組み方を発信しようと考えています。
テクニックは、他に優良なサイトやブログがありますからね。

ファッションに例えるとレディメイド(既製品)的な情報です。
どんなトレードスタイルの人でもマスターして欲しい内容です。
その結果、とってもシンプルな情報を発信しています。

しかし、負け続けている人はフルオーダーメイドの情報を欲しがり
ほとんどの場合、自分で考えようとしません。
こだわるべきではない枝葉の部分も他人にまかせようとします。

オーダーメイドの服は採寸が必要なように、生活スタイルや性格、
そういった細かい部分を知らないと他人には無理な話です。
もし、実現しようと思えばマンツーマンで取り組まないとダメで
オーダーメイドの服と同様に高価なモノになります。

トレードで勝つには他人まかせにしないで自分で決める!

人によって意見が違う部分は自分で考えましょう!
そうしないと、いつまでも情報を探す旅を続けることになり
勝てるトレーダーへの道のりは遠のきます。

また、何かに迷った時にビジネスやスポーツ、何でも良いですが
成功した人に質問をすると、どう答えるか知っていますよね?

迷っているなら、両方とも、やってみれば?

つまり、ラインタッチなのか、反転確認後なのか、迷うならば
両方とも自分で検証してみれば良いだけです。
いろいろな意見が出てくる部分を他人に聞くのでは無くて、
自ら、実際に確かめるわけです。

たしかに、検証するのは面倒くさいし、他人に聞くのは楽です。
でも、勝っているトレーダーは自分で考え、検証しています。
それこそ、他人が面倒だと考えていることだから・・・
やった人とやらない人とでは差が出るのは当たり前ですよね。

私は正解のない枝葉の部分でメール相談をいただいた時には
自分で考え、検証することを、お勧めしています。
すると、音信普通になる人と実際に行動する人に分かれます。
どちらから、喜びのメールをもらうかは想像つきますよね。

基本を学んだあとは、自分で考え、検証してみてください。
面倒と考え、行動しない人に差をつける絶好のチャンスです。

PS
ゴールデンスパイダーFXの購入者Nさんから

今まで

「どこでエントリーしたらいいんだ?」

と思っていた私でも、シナリオを書けるようになり、

「今のトレードはOKだった」「ダメだった」と

自己評価もできるようになりました。

トレンドラインで気持ちいいくらいに跳ね返るからです。

と、うれしくなるようなメールをもらいました。
こういうメールを読むとゴルスパはラインを使ったトレードが
学べる教材と紹介した甲斐があります。

どうして、Nさんが変わったのか、気になりますか?

もちろん、魔法を使ったわけではありません。
自分で考えて、

シナリオ作成 ⇒ トレード ⇒ 検証

をシンプルに繰り返しただけです。
途中で相談メールもいただきましたが、私からはヒントだけで
Nさん自身が考えています。

質問内容も必ず、自分はこう考えてトレードしたけど、
どうですか?と書いてあります。
Nさんの考えがあるので、質問の意図も分かりやすいです。
地道な作業ですけど、必ずトレードスキルは上がります。

その結果が、

自己評価もできるようになりました。

という、感想につながります。

自分のトレードが客観的に評価できるようになれば、
トレード回数が増えれば増えるほど、成長していきます。
また、次回の報告メールが楽しみです♪

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: トレード検証, 投資マインド, 相場格言・名言   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


トレードで勝つために大切なこととは? への2件のコメント

  1. 伊達猫 より:

    自分もFXやり始めた時なんかは色んな書籍なんかで推奨するトレードが違っていたりして悩んだ時期がありました^^;
    英太さんも似たような経験をして今があるってのは凄い勇気づけられます♪♪
    やはり相場とお姉ちゃんを見る目は群を抜いてますね♪♪
    色々勉強になります!!

    • 英太 より:

      他で推奨されてるトレードが自分に合うとは限りませんよね^^;
      これに気づかずに、いろいろと回り道をしてきました。
      群を抜いてるって・・・伊達猫さんには足元にも及びませぬ^^w
      あの画像を選んだ眼力こそ、タダモノではないっす!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!