メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレンドラインを使ったエントリー方法

トレンドラインはトレンドをパッと見て
上昇なのか、下降なのか判断するための線です。

乱暴に例えるとFXで稼ぐためには・・・
為替レートの予想ゲームに勝つのではなく
為替レートの波乗りゲームに勝つことです。

為替相場に上げ上げの波が来ているのか?
それとも下げ下げの波が来ているのか?
上げか、下げかの判断に役立つのが
トレンドラインになります。

上昇トレンドラインが引ければ・・・
買いは安全傾向に、売りは危険度あり。
下降トレンドラインが引ければ・・・
売りは安全傾向に、買いは危険度あり。

上昇トレンドラインはサポートライン、
つまり下値支持線となって買い支えるトレーダーが
守っているのでロングが有利になる。

下降トレンドラインはレジスタンスライン、
つまり上値抵抗線となって売り叩くトレーダーが
待ち構えているのでショートが有利になる。

トレンドラインで反発狙い、ブレイク狙い

上のチャートでは、安値Aを安値Bが下回らず、
直近高値ラインを超えた段階でトレンドが確定します。
安値Aと安値Bを結んだ線が上昇トレンドラインです。

為替レートが落ちてきても上昇トレンドラインで
跳ね返されることが多くなります。
サポートライン(下値支持線)ですから買いが入る
可能性が高くなります。

トレンドラインの使い方としては、
ラインで反発したのを狙って押し目買いエントリー。
直近高値との攻防を期待してロングで勝負するわけです。

逆に上昇トレンドラインを下抜ける場合もあります。
下抜けの場合は下への勢いが加速することを狙って
売りでエントリーです。
上昇トレンドラインのブレイクダウン狙いです。

今回のチャートでは安値Cは上昇トレンドラインで
反発して上昇しています。
ロングで仕掛けていれば利益確定できますね。

ここで話はちょっと変わりますが・・・

昨日のプロ野球の結果をスポーツニュースで観ました。
通常は勝ったチームを中心に映像が流れます。
面白いと思ったのは横浜対巨人戦で、
結果は6-5で横浜の方が勝ちました。

TBSは筒香選手(横浜)の活躍(3安打・3打点)を
中心に放送していました。
勝ったから当然ですし、株主でもありますし・・・。

ところが他局はどうだったかと言うと
負けたにもかかわらず4安打した巨人の長野選手を
中心に放送していたんです。
各テレビ局の思惑を感じずにはいられませんでした。

見方や視点が違うと中身はまったく逆になるもんだと
しみじみ思ったんですね。
FXでもロングかショートかという判断はトレーダーの
見方や視点で逆になる場合があります。

トレンドラインは自分の時間軸で見る

上は先ほどのチャートと同じ物です。
高値Xを高値Yは上回ることができませんでした。
直近安値を下回ったので高値Xと高値Yを結んで
下降トレンドラインを引くことができます。

先ほどまでは上昇トレンドラインの上側にあるから
買いが有利と言ってきました。
でも見方を変えれば下降トレンドラインの下側であれば
売りも有利ですよね。

短い時間軸でのトレーダーなら直近安値ラインの
ブレイクでショート狙いもアリですよね。
直近高値Yを抜けたら損切りすれば良いですから。

このチャートよりも長い時間足で見ると・・・
大きな流れは下降トレンドなので、場合によっては
上昇トレンドラインを下抜けするかもしれませんし。

結果は見ての通り、上昇トレンドラインで反発後、
下降トレンドラインも抜けていきました。
スポーツニュースの話ではないですが、
このようにトレーダーによっては見方が違います。

スキャル、デイトレ、スイングトレードなど
トレーダーによって使う時間軸が違ってきます。
自分がどの時間軸を使って相場から利益を得るか
決めておかないと売買の軸がぶれることになります。

同じ通貨ペアを同じ時間帯に注目していても
売り目線の人もいれば、買い目線の人もいます。

小さい波に乗りたいか?
大き目の波に乗りたいか?

で、トレンドラインの使い方は変わってきますね。
あなたのトレードスタイルに合ったトレンドラインで
ポジションを安全地帯に置いて稼いでください。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓  ↓
人気ブログランキングへ

【FX革命の検証】

昨日のポンド円は下値を固めた後に上昇しています。
FX革命の4時間足のサインは買いに変わりました。

今日は昨日の高値を抜けてくるのか、それとも
もみ合いか、安値を確認にいくのか・・・。
4時間足のサイン的には上がって欲しいけど
思い込みや期待は厳禁ですね。

相場の行きたい方向について行きましょう!

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレンド, トレードルール・手法   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


トレンドラインを使ったエントリー方法 への2件のコメント

  1. 窮鼠 より:

    私のブログへのご訪問、コメントありがとうございました。

    このブログ、FXの基礎をとてもわかりやすく、丁寧に書かれていますね^^
    私も、ここ数日、自分のトレードが荒れてしまっているので、
    英太さんのブログを読んで、もう一度基礎に立ち返ってみます。

    • 英太 より:

      窮鼠さん、こんにちは。
      こちらこそ、コメントありがとうございます。

      そうですよね、ついつい気の緩みから基礎を
      踏み外してしまうことありますよね。
      私もまだまだ修行が足りません・・・

      スポーツ選手でも
      ・技術を向上させる練習
      ・基礎を固める練習
      があって、上級者ほど基礎を固める練習を
      大切にしていると聞いてます。

      継続して勝つためにお互い
      週末を上手に活用しましょう。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!