メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレンドラインの引き方

トレンドラインの上か下かでポジションが安全かどうかを
判別しよう!と昨日、書いたところ・・・
ブログ読者さんから

「ポジションが安全かどうかは分かりました。
 でもトレンドラインの引き方が分かりません・・・」

とメールで質問がきました。

トレンドラインはFXで勝つトレードする上でとても重要です。
また独自のラインを活用しているトレーダーもいたりと
とても奥が深いです。

トレンドラインの引き方(基本編)

基本的なトレンドラインの引き方を説明してみますね。
トレンドには上昇と下降の2種類があります。

「トレンドはFX投資の基本中の基本です」で書いたとおり

◆上昇トレンドとは
前の主な高値を上回る高値をつけ、
前の主な安値を下回らないで推移すること

◆下降トレンドとは
前の主な安値を下回る安値をつけ、
前の主な高値を上回らないで推移すること

と定義されます。

トレンドラインの基本的な引き方は

◆上昇トレンドラインは安値と安値を結んだ線

◆下降トレンドラインは高値と高値を結んだ線

になります。

ここで、「ヒゲはどうすんですか?」と
よく質問されることがあります。

上のチャートを見てください。
日本人はFX業者のチャートで当たり前のように
左側のローソク足チャートを見ます。

欧米のトレーダーは右側のバーチャートを使う人が多いです。
ヒゲを無視して終値の安値と安値を結んでしまうと
バーチャートではバーを突き抜けてしまっています。

FXで勝つためには世界中の人が注目しているポイントで
トレードすることが重要です。
バーチャートで役に立たないラインは当然使えません。

トレンドラインはヒゲを無視しないで引くようにしましょう。

トレンドラインはトレンドが確定したら引ける線

上のチャートは最近、似たように下落してきた
ユーロ円(EURJPY)とユーロドル(EURUSD)です。
安値と安値を結んだ白線は上昇トレンドラインでしょうか?





考えてくれましたか?

両方とも上昇トレンドラインに見えるかもしれません。
もう一度、定義を確認すると・・・

◆上昇トレンドとは
前の主な高値を上回る高値をつけ、
前の主な安値を下回らないで推移すること

安値だけでなく高値も切り上げないといけません。
つまりユーロ円は、この時点では上昇トレンドラインとは
言えず、暫定的なラインです。
トレンドが確定した時にラインを引くことができます。

上は少し時間が経過したチャートです。
ユーロドルの方はBで直近高値を抜いています。
白線を上昇トレンドラインと判断したトレーダーが
ラインを下値抵抗線として買いサポートしています。

逆にユーロ円はAで直近高値を抜けませんでした。
白線を上昇トレンドラインとは判断できませんので
ラインをまたいだ格好で為替レートは推移しています。

ユーロ円は安値を切り上げ、高値を切り下げる形の
保ち合い(レンジ)と言えそうです。

※ユーロドルは短期的には上昇トレンドです。
しかし、下落途中に出る、この形は下にブレイクするのが
セオリーです。

中期的な直近高値を抜かない限りは下落の可能性が
あるので注意してくださいね^^b

【FX革命の検証】

引き続き、4時間足では売りサイン継続中。
前日の時点でボトムぽかったサポートラインを
下にブレイクしました。

一旦、戻りましたが再度、下落しています。
トレンドフォローの売りサイン通りの
展開になっています。

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援お願いします

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレンド   タグ:   この投稿のパーマリンク


トレンドラインの引き方 への2件のコメント

  1. ウタ より:

    こんばんは(^^)
    明日は仕事が休みなので夜更かししてしまいました。
    今日は勝てました♪
    英太さんがおっしゃっていた「私の得意パターン」について
    なんだか今になって色々考えています。
    私の得意パターンは、危なっかしいですけど、できるだけ損切りせずにナンピンもする。
    そういうやり方が向いていた気がします。
    ドカンがくるので悪いやり方なんですが、経過を逆にできれば、
    利を伸ばしながら増し玉することもできるはずですよね。
    でもまずは基本から、ですよね。
    今日の英太さんの記事も参考にさせてもらいます(^^)
    トレンドラインはやっぱりひげ込みでいいんですね!
    引き方も人によって違ってたりするので難しいんですよね。
    それでは、おやすみなさい。

    • 英太 より:

      ウタさん、勝利おめでとうございます♪
      その調子で勝ちクセつけて目標達成してくださいね。

      ナンピンについては記事にも書きましたが
      計画して分割エントリーするならOK!
      無計画にエントリーするのは厳禁です。

      ピンポイントでエントリーするのは無理な話です。
      ここをブレイクされたらごめんなさいってラインを決めて
      そこまでの過程に何回かに分けて買い下がる(または売りあがる)。
      最終ラインを突破された時はいさぎよく全てロスカットする。

      あらかじめ計画したロスカットだから損失は限定。
      しかし、勝ったときには、それ以上の利益を得る。
      この形なら研究する価値がありますね。

      トレンドラインを引く目的はトレンドを把握するためです。
      基本というか本質が分かっていれば応用した引き方は
      ありでしょうね。

      野球で言えばイチロー選手とか野茂投手のようなフォームも
      人とは違うけれど基本を守っているから偉大な結果を残しています。
      自分にとって勝ち続けられるラインが引けるなら人と違っても
      それはそれで正解のラインでしょう。

      応用から入ってしまうと遠回りしてしまいます。
      応用は基本を学んでからでも遅くないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!