メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

トレンドかレンジか確定するまで待つ

トレンドかレンジか明確に判断できるときほど
FXでは勝てるチャンスが広がります。
負け続けているトレーダーは判断が難しい場面で
値頃感からエントリーしてしまいます。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

得意パターンで勝つと書きましたが
中途半端な場面は鉄板にはなりにくいものです。
今の為替相場はトレンドなのかレンジなのか
ハッキリと確定するまで待つことが大切です。

上のチャートはユーロドル4時間足チャートです。
現在の状況は上下のピンク線に挟まれる格好で
もみ合っています(レンジ)。

大きく見るとトレードプランは簡単です。
上下のピンク線との絡み具合でエントリーします。
もちろん上がレジスタンスライン(抵抗線)で
下がサポートライン(支持線)です。

上のピンク線に跳ね返されたら売り(ショート)
上にブレイクしたら買い(ロング)です。
また、下のピンク線で反発したら買い(ロング)、
下にブレイクすれば売り(ショート)です。

トレンドか、レンジか、わかりやすいチャートだと
トレードプランも立てやすいですよね。
上のチャートのようにラインが引けないことも
為替相場では、たくさん出現します。

そういう時は休んで、あなたがわかるチャートに
なるまで待てばいいだけのことです。
ポジポジ病と呼ばれる、ポジションを持っていないと
落ち着かないトレーダーにならないでください。

ポジポジ病になったトレーダーは何とか理由を
つけてエントリーしたがります。
結果はムダなトレードが増えて損益も悪化します。

勝てるトレーダーは自分の得意パターンを待ちます。
ラインを重要視するならトレンドか、レンジか
わかりやすいチャートを狙うだけです。

ダブルボトムとダブルトップ

またチャートパターンも役立ちます。
現在は上のチャートのように下側の2つの白丸で
ダブルボトムのチャートパターンになっています。

逆に上側の白丸で跳ね返されるとダブルトップとなって
下げていく前兆になるかもしれません。
世界中のトレーダーがチャートパターンを見ています。

注意することはチャートパターンも100%ではありません。
利用してエントリーするときは、必ず損切り設定をして
あなたの資金を守ってください。

今週は、このピンク線を上下にブレイクするか
もみ合うかを集中して監視ですね。
ピンク線のレンジ内では中途半端な位置で
エントリーしないでください。

損切り貧乏になるか、時間効率の悪いトレードになる
可能性が高くなります。
あなたが決めた重要なポイントだけエントリーです。

長い期間もみ合ってブレイクしてくれると
楽しみが増えます。
もみ合えば、もみ合うほどエネルギーがたまって
ブレイクした方向に勢いがつきますから。

今週も重要なラインを意識してトレードしましょう!

PS
初心者・初級者向けのレポート作成しました。
メルマガに登録してくれた方にプレゼントしています。
(いつでも登録解除できます。)

⇒詳細はこちらです。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: トレンド, レンジ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク


トレンドかレンジか確定するまで待つ への2件のコメント

  1. 窮鼠 より:

    こんにちは、レンジ相場のレンジが収束してくると、そろそろブレイクアウト、トレンド発生があるので警戒しながらトレードするようにしています。ユーロドル、ユーロ円など、今がちょうどその時期ですね。

    • 英太 より:

      窮鼠さん、コメントありがとうございます。
      レンジ内はあとから見ると簡単ですが難しいですよね。
      ユーロドル、ユーロ円はブレイクが今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!