メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

チャートを見る時間を思い切って減らすと勝てる?

「チャートを見る時間を減らしてください!」

なんて書くと、

「トレードチャンスを見逃したら、どうするんだっ!」

「今でもトレードする時間が少ないのに、これ以上減らせない」

などなど、反論が殺到するかもしれません^^;

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

ユーロドルは、なかなか安値を更新しませんでしたので
いったん、上昇しました。
しかし、上げ渋ったあとは下落していきました。
最後は週末とあってか揉み合って終わっています。

レジスタンスラインをブレイクするまでは売り目線です。
いくら弱いと言っても何かのきっかけがあれば上昇します。
どんな時も思い込みを無くすこととリスク管理は必須です。
中途半端な位置でのエントリーには気をつけていきます。

チャートを見る時間が長過ぎるデメリット

サラリーマンは昼間、仕事でチャートを見る時間が少なく
もっと増えれば、きっと勝てるはずだと思っている人もいます。
安定して勝てるようになった人なら時間も勝つ要因のひとつです。
しかし、時間が増えると負ける人も意外と多いものです。

チャートを長く見ていると、エントリーしたくなります。
黙ってチャンスが来るのを待つだけって、結構、苦痛です。
そうなると、無理してエントリーチャンスを探してしまいます。
チャートを見過ぎると、トレードルールが甘くなりがちです。

FXに限らず、▲▲し過ぎるってのは、よくないことが多いです。
だから、ことわざでも『過ぎたるは、なお及ばざるが如し』とか
『薬も過ぎれば毒となる』など、やり過ぎることを戒めています。

為替相場は「上がる」か「下がる」かの2つに1つです。
チャートを長く見続けていると相場の世界に入り込んでしまい
「上がりそう」とか「下がりそう」という判断が生まれます。
相場に魅入られるかのようにエントリーしてしまうのです。

あとでトレード記録を見ると

何で、こんな場面でエントリーしちゃったんだろう?

ってトレードを発見したことないですか?
私は何度もありました。
で、さらに細かく検証してみたところ1回目のトレードではなく
3回目以降のトレードが多かったです。

この検証から仕事から帰ってきて、はじめてチャートを見た時に
作成したトレードプランで監視することに決めました。
今日はノーチャンスだなとトレードプランが立てられない時には
いさぎよくチャートを見ないことにしました。

トレード経験が増えてからは、少しルールを変更しました。
プランが作成できない時には、ある時間、間をおくようにしました。
リセットするみたいに、いったんチャートから目を離します。
すると、あ~ら不思議、今まで見えなかったモノが見えてきます。

魔法でも何でもなくて、新鮮な目で見るからなんです。
当事者の目線から第三者の目線でチャートを見る感覚です。
為替相場を見過ぎて疲れた頭ではなく、リフレッシュした頭で
チャートを見ると、見え方が変わるわけです。

ゴールデンスパイダーFXのサポートでも似た体験をします。
トレード記録を送付してもらうと、私は第三者ですから
その方のトレードの弱点がハッキリと見えるんです。
自分のことって、案外とわからないものですよね。

じゃあ、チャートを見ない頃は何をしていたのか?
チャートを見る時間をトレードの学習時間に切り替えてました。
はじめのうちはチャートが見たくて仕方がありませんでした。
でも、目先の利益を追うよりも将来のことを考え我慢しました。

チャートを見る時間を思い切って減らすことを
1度、検討してみてくださいね。
無駄なエントリーが多いなと感じている人には効果的です。

PS
今回の話からは少しズレますが、チャートから離れて見るのも
判断に迷う時には、ひとつの方法です。
普通はイスに座った距離からチャートを見ますよね。
それを立ち上がってパソコンから距離を取って眺めます。

その時、さらにチャートをズームアウトしておくと良いです。
「俯瞰」って言うんですか、近視眼的に見ていたチャートを
全体像を把握する感覚で見ると見え方が変わることがあります。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), チャート分析, トレードプラン   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!