メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

サポート&レジスタンスは長い目で見る

昨日のポンド円は約50pipsという狭いレンジでの
値動きになりました。
アメリカの雇用統計が発表されてからも
はっきりとした方向性は出なかったですね。

前日安値と昨日引いたレジスタンスラインとの
値幅が約50pipsとボラティリティが小さい。
狭いレンジ相場ではトレンドフォロー型のサインで
トレードするのは勝ち目が薄いです。

実際、FX革命のサインは12回も出ました。
約50pipsという狭いレンジでトレードすると
損は抑えられても利益を伸ばせません。
12回も取引したらスプレッド分は確実に不利です。

今まで検証してきた通りレンジを上下のどちらかに
ブレイクしないとトレードしない方が賢明ですね。
昨日はトレード見送りということで、
今日は検証結果は計算しませんでした。

チャートを見ると前日に引いておいたレジスタンスが
何回か効いています。
このように前日引いたサポートやレジスタンスの
ラインは非常に役立ちます。

サポート&レジスタンスは表裏一体

今まで効いていたサポートライン(下値支持線)を
下にブレイクすると今度は逆にレジスタンスライン
(上値抵抗線)に変わります。

今まで買い支えていた人たちがサポートを下に
ブレイクしたことで今度は売ろうとします。
また売りそびれた人たちがレジスタンスに
近づいてきたら売ろうと待ち構えています。

昨日の15分足チャートを8月25日くらいまで
広げてみると・・・
前日高値付近でもみ合った部分が2ヶ所、
レジスタンス付近で1ヶ所あります。

同じ時間足チャートでも迷う時には
表示期間をできるだけ伸ばすとわかりやすいです。
またより長いチャート(日足、週足、月足)で
見ることも重要です。

過去のサポート&レジスタンスは記憶に残る

ここで、8月1日くらいまで広げてみました。
(15分足では画像がおさまらないので30分足に
変更しています。)

前日高値付近、レジスタンス付近、前日安値付近と
それぞれもみ合った部分が見つかりますね。
このように過去のサポート&レジスタンスは
記憶に残って未来においても意識されやすいのです。

しかし、思い込みは厳禁です!
サポートライン(下値支持線)に近づいたら買い、
レジスタンスライン(上値抵抗線)に近づいたら売り、
と思い込みでのトレードはしないでください。

サポート&レジスタンスでは止まる傾向があるだけで
必ず止まるとは限りません。
またライン上で綺麗に止まることもありますが
行き過ぎて戻ることも頻繁に起きます。

線(ライン)というよりも帯(ゾーン)で
考えた方が良いです。

為替市場の開いていない週末に時間を取って
いろんな時間足でラインを引いてみましょう。
様々な発見があって楽しいですよ!

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

PS.
FX革命のFX-Jin氏からメールが来ました。
購入者限定でオンラインセミナーを開催するそうです。
売りっぱなしじゃなくフォローしてもらえると
うれしいですね。

日時:9月6日(火)午後8時~

FX-Jin氏がオンラインセミナーをするのは
初めてだそうです。
実際に稼いでいるトレーダーの話を
オンラインで聞けるなんてラッキーです。

内容は
1今のドル円相場について

2Q&A
損切りのやり方、勝率を上げる方法など
すでに質問が来た内容について解説

3質疑応答
チャットで質問できます。

FX革命が初心者向けだからセミナーも
基本は初心者向けでしょうけど
新たな気づきがあるから楽しみです。

購入者は忘れずに参加しましょうね。
忘れっぽい性格なのでさっそくPCに
ポストイットで貼り付けました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!