メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

サポート&レジスタンスとスカートの関係?

サポートライン(支持線)&レジスタンスライン(抵抗線)や
トレンドラインはトレードをする上で基本的なことです。
インジケーターとは比較にならないほど、重要です。
しかし、多くの人が興味を示すのはインジケーターです。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ユーロドルは重要と見ていたサポートラインを割りませんでした。
かと言って、上値も重く、揉み合い状態で終始しています。
今日はレジスタンスにも注意して監視します。
ブレイクするのか、それとも、また下がっていくのか・・・。

思い込みを無くして、動いた方についていきます。
上がろうが、下がろうが、トレーダーには関係ありません。
素直についていくだけです!!

サポートライン&レジスタンスライン、トレンドライン

たとえば、女性に「最近のトレンドは?」と質問すれば

「そうねぇ、今年はシャーベットカラーが注目されてるよ。
 あとは、レースを取り入れたモノとか・・・・・」

など、ファッションの流行(トレンド)の話になります。
間違っても・・・

「そうねぇ、ユーロドルは揉み合っているよね。
 ドル円は微妙ね、ここから上昇すれば・・・・・」

なんて、答えが返ってくることは、まずありません^^;
そんな女性がいたら、仲良くなりたいです(爆

でも、ある意味、女性にもトレンドはイメージしやすいです。
買いが注目されているのか、それとも売りが注目されているのか、
ファッションのトレンドと同じことだよって。

じゃあ、サポート&レジスタンスは?
サポレジはスカートを使うと、わかりやすいです。
例えば現在のスカート丈の主流は膝下とイメージしてください。

あるデザイナーが膝上のスカートを発表しました。
膝を隠すことに慣れていた女性の中から膝上スカートに
挑戦する人が出てきます。
それを見て魅力を感じた女性が、どんどん増えていきます。

すると、今まで膝下が抵抗(レジスタンス)だったスカート丈が
一気に膝上までラインが上がってきます。
これで、しばらくの間、膝上が抵抗(レジスタンス)になります。
膝上1、2センチくらいの冒険はありますけど。(←上ヒゲ)

ある時、新進デザイナーが膝上10センチのスカートを発表します。
ほとんどの女性が膝を出して歩いていることに不満を抱えていた
オシャレな女性が飛びつきます^^
そうなると膝上の抵抗(レジスタンス)が崩れてしまいます。

そして、膝上10センチが抵抗(レジスタンス)となって
膝上が支持(サポート)に変わります。
この間でスカート丈は揉み合い状態が続くことになります。
また短くなるか、長くなるかはファッション業界しだいです。

スカート丈は女性心理であり、人間心理です。

・膝を出すのが恥ずかしい
・太ももを見せるのが恥ずかしい

こういった女性心理が抵抗(レジスタンス)を生みます。
逆に・・・

・膝を魅せたい
・太ももを魅せたい

そういった女性心理が支持(サポート)を作ります。

同じように為替相場も

・直近高値よりも高くは買えない
・以前、揉み合った高値ゾーンよりも上は買えない

このような投資家心理が抵抗(レジスタンス)になります。
支持(サポート)は逆で、そこには安心感があります。
そして、いったん破られた抵抗(レジスタンス)は役割が変わり、
今度は支持(サポート)になるのです。

あとは方向性がトレンドが短い(ショート)に向かうのか、
それとも長い(ロング)に向かうのか・・・です。
そして、トレーダーはファッションリーダーになる必要もなく
素直にトレンド(流行)に乗るだけです。
先頭きって早めにエントリーしても勝てるとはかぎりません。

サポートライン(支持線)&レジスタンスライン(抵抗線)や
トレンドラインを意識してチャートを監視しましょう。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, トレンド   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!