メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

サポートライン&レジスタンスラインでのドテン戦略

サポートライン&レジスタンスラインでドテンをするか?
と読者のYさんからメールを頂きました。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

ドテンとは買いポジションをエグジットすると同時に反対方向
つまり売りポジションを仕掛けることを言います。
売りポジションを持っている時は、その逆です。
漢字で書くと「途転」になります。

ドテンという発想自体が常にポジションを持っていたい、
相場に参加していたいという風に感じます。
だから基本的には私はドテン売買はしないです。

サポート&レジスタンスでということなのでレンジ相場を
想定するなら場合によってはアリかもしれません。
特に値動きの緩やかな通貨ペアのレンジです。

買いエントリー後、レジスタンスライン近くになった時に
エグジットすると同時に売りポジションを持つわけです。
ただ、この場合は逆張りのエントリーになります。

順張り発想の私はレンジ相場ではドテン売買はしません。
素直にレジスタンスライン近くでエグジットだけします。
その後、反転を確認することができて、はじめて売りますね。
レンジ相場でドテンする人とリスク管理が違うだけです。

レジスタンスライン近くでドテンすると上に抜けた場合は
損切り(ロスカット)になります。
ブレイクすることを想定してエントリーすれば良いですが
レンジ相場を上抜けする時は上昇するパワーが強いです。

利食いドテンは愚の骨頂、損切りドテンは福の神

トレンド相場でのドテンも考え方は同じです。
上昇トレンドで買いポジションをエグジットすると同時に
売りエントリーするのは逆張りの発想です。

売りポジションを持った後、さらに上昇して損切りになるのを
想定してトレードするならOKです。
上昇チャネルの上側のラインでドテン売買を狙うケースが
ひとつの方法になります。

発想は逆張りですので、相場の格言でも
『利食いドテンは愚の骨頂、損切りドテンは福の神』
と言われます。

上昇トレンドでトレードした時に

買い → 売り → 買い → 売り → 買い

で、連勝できる人はスキルの高い人です。
何度も強調していますが、上昇トレンドなら

買い → 買い → 買い → 買い → 買い

と、トレードする方が勝つ可能性は高いと思います。
どこかで買いエントリーした時に損切りになったら相場転換の
可能性がでてきます。
ケースバイケースですが、ドテン売買もアリですね。

トレンドの転換点では『損切りドテンは福の神』になります。
重要だと考えたラインでのトレードチャンスを狙ったときには
初回エントリーが損切りになればドテンをする時もあります。

例えば上図のように重要だと考えているレジスタンスラインで
2回跳ね返されて3回目も抜けない時に売りエントリー。
ネックラインを下抜けするのを待つ方がリスクは少ないですが
トリプルトップを想定しての早めの売り仕掛けです。

ところが上図のように思惑とは逆にレジスタンスラインを
ブレイクしてきました。
想定はしていているので、損切り設定はしています。
こういう時に場合によってはドテンで買いエントリーします。

より長い時間足や値位置によっては損切りするだけです。
そして、戻りを待つことの方が私自身は多いです。
そのまま上昇して戻らない時は、次のチャンスを待つだけ。
相場のすべてから利益を得ようと思うとリスクも増えます。

重要なので何度も書きますがリターン(利益)を考える前に
リスク(損失)管理をすることです。
ドテンするか、しないかはリスクとの付き合い方で
正解にもなるし、危ないトレードにもなります。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エグジット(決済), エントリー(仕掛け), サポートライン・レジスタンスライン, トレードプラン, トレードルール・手法, 相場格言・名言   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!