メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

サインの判断は終値確定後?、それとも途中?

読者のMさんからテクニカル分析について相談がありました。
あるインジケーターのクロスでのエントリーを検証していて
ローソク足形成中のクロスしたり、クロスしなくなったりで
仕掛けるタイミングが難しいという内容です。

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

短期線と中期線など期間の違う2本のラインがクロスした時に
買い(ロング)、売り(ショート)のサインとする手法です。
移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスが有名です。

インジケーターは視覚的にパッと見るだけで相場状況がわかる
便利なモノで、使っているトレーダーも多いです。
ほとんどの人がトレードに対しての活用法は熱心に学びます。
しかし、残念ながら中身は気にも留めません・・・。

別に試験はありませんので計算式を覚えなくてもいいです。
ただ、どんな内容なのかを把握した方がよいですね。
移動平均線であれば平均を出すのに終値を多くの人は使います。
終値ですからローソク足が確定するまで値は動き続けます。

短時間足のチャートを見ているとよくわかりますが
移動平均線は上向いたり、下向いたりピコピコと動きます。
2本の移動平均線が接近している状態ならばクロスしたり
クロスしなくなったりするのは仕方ありません。

終値をベースに作成されているインジケーターのリペイントは
無くすことはできません。
使えるかどうかはわかりませんが、始値をベースに計算された
移動平均線はリペイントされることはありません。

インジケーターが何を基に作成されているかを知ることは
活用方法を知ることと同じくらい重要です。
知らないから次のような悩みにつながります。

・ローソク足の形成中にクロスしたらエントリー?
・ローソク足の確定後、クロスしていたらエントリー?

確定したローソク足が長い場合は途中でエントリーした方が
有利な為替レートでポジションを持つことができます。
逆にクロスしたからといって途中でエントリーすると
確定してみたら長いヒゲが出てクロスしない場合もあります。

終値をベースに計算されたインジケーターを使っている場合は
ローソク足の確定後、クロスしていたらエントリーが基本です。
理由はローソク足の終値は1つしかなくて、途中の為替レートは
暫定の終値であり、途中経過です。

だから、形成途中のローソク足でエントリーするか、しないかは
また別の話になりますよね。
少しでも有利な為替レートでエントリーしたいと考えるなら
ローソク足確定前のサインの優位性を検証する必要があります。

検証によっては、また別の条件やインジケーターが必要になって
どんどんトレードロジックは複雑化していくかもしれません。
少しでも有利な為替レートを狙うならやってみる価値はあります。
どこで割り切るかは人それぞれで、正解なんてありません。

私なんかは面倒くさがり屋なので検証したいとも思いません。
だって、考えただけでも色んな条件が出てきそうです。
1つくらいなら検証にチャレンジしても良いけれど・・・
たぶん1発で『当たり』なんてことはないからやりません。

サインに関係なく資金管理でリスクを判断

じゃあ、どうするのかと言うと終値ベースのインジケーターは
素直にローソク足が確定してからのサインにしたがいます。
もちろん不利な為替レートでエントリーしないといけない時が
出てくるので、回避する条件はあります。

以前、記事で書いた
サインやシグナル通りにしたがわないで見送る場面」が
ここにリンクしてきます。
そうです、リスクとリターンのバランスが悪ければ見送ります。

ローソク足の長さに関係なくサイン通りにエントリーするのは
資金管理の面から言うとリスクがあります。
私はサインが出てもリスクの方が大きければ見送ります。
だから、トレード手法よりも資金管理が重要と言ってます。

資金管理があって、次にエントリーか否かを決めます。
トレードサインというのは資金管理があって機能します。
エントリーする前から高いリスクがあるのがわかっていれば
見送って、次のチャンスを待ちます。

スルーした結果、大きく利益が出る値動きがあったとしても
それは、それで割り切らないと相場なんてやってられません。
逆にエントリーして損失が出た時にサインツールのせいにしても
失った資金は取り戻せません。

資金管理のルールでサインを見送るとチャンスが減って、
思うように利益が増えないならロジックを増やすだけです。
別にトレードロジックは1個じゃないとダメではなく
自分に合っていれば複数あっても問題ありません。

自分のトレードロジックではエントリーできない場面を
他の手法でカバーできればチャンスは広がります。
私も以前は戻りを待って戻ってこない時には見ているだけでした。
今は恋スキャの高速スキャルで、その場面をカバーしています。

ただし、手法をコロコロ変えるのではなくて1つをマスターして
それから、また1つ、また1つと増やしてくださいね。
あれも、これも手を出してもスキルは向上せず混乱するだけです。
まずは一点集中に徹しましょう。

メルマガ内でFXレポートをプレゼントしています。
興味があれば登録してくださいね。
⇒メルマガ登録はこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: エントリー(仕掛け), チャート分析, トレードルール・手法, トレード検証, 資金管理(マネーマネジメント)   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


サインの判断は終値確定後?、それとも途中? への2件のコメント

  1. りん より:

    『資金管理』について記事に書かれていた時から気をつけるようになりました。
    エントリーしてから、さてリミストはどうしようかな~なんて後付で考えることが多々あるのですが(こらっ)エントリーしてからリミットとストップの割合が悪いときはさっさと逃げるようにしています。
    ストップ-10位に対してリミット+15程度だったりする時がたまにあるんですよね。
    そんな時は「おいおいっ(汗)」と薄利撤退で逃げます。
    要するに、エントリーするタイミングではなかったってことですからね。
    きちんと待てば、+50狙えてストップ-10で収まる箇所があるんですもん。

    にしても、ユロドル。雇用統計の結果で流れがハッキリするかと思って期待していたのに煮え切らないチャートになってますよね。
    ガッカリです。

    • 英太 より:

      >エントリーしてからリミットとストップの割合が悪いときはさっさと逃げるようにしています。
      このあと、思惑通りの方向に伸びるた時に平常心でいられるかがカギです。
      失敗したと思ってしまうと、よくない体験になってしまいます。
      りんさんは、その壁は越えられたみたいなので、あとはメンタルと自己規律ですね^^

      >+50狙えてストップ-10
      ここだけ狙えば勝率50%でもウハウハ!
      例のりんさんの鉄板なら、笑いが止まらないですね。

      ユロドルは来週に先送りしました^^;
      かなり煮詰まってきたので動けば期待大ですっ!
      お互い取りこぼしのないよう監視しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!