メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

ゴールデンスパイダーFXのサインの使い方

ゴールデンスパイダーFXのサインの使い方について、
読者さんから数多くメールで質問があります。
ゴルスパをサイン目的では紹介していませんので、
私からの購入者さん以外の方が、ほとんどです。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

昨日のユーロドルは2回、上昇を試しましたが、
直近高値を上回ることができませんでした。
ラインに反応したキレイな値動きだったので、
トレードしやすかった人が多かった日でしょう。

汚いチャートや難しい相場を無理してトレードしようと考えず
昨日のような値動きの日に稼いだ方が安定しますね。

私がゴールデンスパイダーFXを紹介しているのは、
ラインを使ったトレードが学べるからです。
サポートライン&レジスタンスライン、トレンドラインを自動で
引いてくれるツールとしてゴルスパを評価しています。

だから、ゴールデンスパイダーFXのサインは使っていません。
サインツール目的であれば、マナブ式FX完全マスタープログラム
THVシステムの方が優れていると考えています。

ゴールデンスパイダーFXのサインの使い方

もし、ゴルスパのサインを使うとしたら・・・
トレンドが出ている時に注意することが1点あります。
トレンドが出ている時には順張りが有利な理由】で書きましたが
順張りのサインのみエントリーすることを考えます。

トレンドが出ている時には、下記のような特徴があります。

上昇トレンド中は上昇する時間が長く、かつ値幅は大きい、
下降している時間は短く、かつ値幅は小さい。

下降トレンド中は下降する時間が長く、かつ値幅は大きい、
上昇している時間は短く、かつ値幅は小さい。

あくまでも特徴であって、必ず、こうなるわけではありません。
逆張りでエントリーして勝てる場合もあります。
ただし、負け続けている人が勝てるようになる第1ステップでは
順張り、逆張り両方で利益を出すことを狙うべきではありません。

第1ステップでは勝つ可能性の高い方向、
つまりトレンドに対して順張りのみ狙っていきましょう。
勝ちぐせがついて、余裕が出てきてから逆張りを狙っても
遅くありませんからね。

昨日のゴールデンスパイダーFX・ユーロドル5分足です。
トレーダーによってトレンドを考える時間軸は違いますが、
短期的には下降トレンドと判断できます。

仕事帰りの人がチャートを見ることができる午後9時以降では
黒枠で囲んだ売りサインのみ狙うことになります。
勝てるかもしれませんが、2つの買いサインは見送ります。
売り圧力が強いと判断しているからです。

ゴールデンスパイダーFXのサインの使い方を聞かれたら、
私は今回のように答えます。
売り買い両方のサインを狙った方が勝てる場合もありますが、
これが私の考え方の軸ですので、ブレません。

あえて、ゴルスパのサインを使ったと仮定した話をしましたが
サインツールとして活用するのは、もったいないです。
ぜひ、ゴールデンスパイダーFXを持っている方は、
ラインを活用したトレードをマスターして欲しいですね。

順張り系のサインは、いくつかのデータを計算して出されるので
どうしても遅めに出現します。
だから、利益幅は狭くなるし、逆に損切り幅は広くなります。
その点、ラインを使ったトレードの方が有利です。

サインを使ったトレードの判断は楽かもしれません。
逆に裁量トレードは難しく感じる人もいるでしょう。
しかし、裁量トレードをマスターする努力や掛けた時間は
必ず、あなたの財産になりますから!

 

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ゴールデンスパイダーFX, トレンド   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!