メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

インジケーターを使わないと勝てないイメージを打破

インジケーターは、パッと見で為替相場を分析できるので
トレーダーに人気があります。
面倒くさい計算もしてくれて自動的にグラフ化してくれますから
とっても楽です。

ランキングに参加しています。
役にたったと思ったら、応援クリックお願いします
↓    ↓
人気ブログランキングへ

先週のユーロドルは前半で高値にチャレンジしましたが
抜けられず、上昇トレンドラインもブレイクダウンします。
その後にできたレジスタンスラインで頭を押さえられつつ
揉み合っていました。

雇用統計発表後は、いったん上昇するも下げて終わっています。
大きな流れは弱い形になっていますので今日は売り目線で
トレードチャンスを待ちたいです。

トップトレーダーはインジケーターを使ってる?

「ダマシのないインジケーター」

「勝てるインジケーター」

など、インジケーターに関連した検索でアクセスしてくれる
人たちが多数います。
まるで、インジケーターを使わないと勝てないイメージを
持っているかのようです。

イメージが先行して実際とは違う事実を信じてしまうことって
意外とあるものです。

例えば、ゴールデンウイーク前にお出かけスポット情報として
水族館がテレビで紹介されていました。
その中で、お客さんが快適に見学できるように水槽のガラス掃除は
酸素ボンベを背負って、おこなっていると言ってました。

ほとんどの人は「ふ~ん、そうなんだぁ」と気にも留めません。
しかし、ダイバーなら「またかっ!」と苦笑いしてしまいます。
私だったら酸素ボンベは医療用か工事現場をイメージします。

ダイビングに使うタンクには圧縮された空気が入っています。
酸素ではなく、ふだん陸上で普通に吸っている空気です。

人間が生きていくためには酸素が必要というイメージがあります。
そのため、酸素ボンベと言われても違和感がありません。
しかし、一般的には空気を吸えば大丈夫です。
水中でも同じですから圧縮空気入りタンクをダイバーは使います。

勝っているトレーダーは何枚ものディスプレーを使っていたり、
複数のインジケーターを使っているイメージがあります。
私も、そういうイメージを持っていたのでインジケーターを
何個もチャートに表示させていた時代がありました。

「上がる」か「下がる」かがわかるインジケーターがあるはずと
必死に探した時期もあります。
とっかえひっかえ、色んなインジケーターを試してみました。
しかし、勝ったり負けたり、トータルではマイナスでした。

投資に関する書籍も片っ端から読み漁りました。
そんな感じでインジケーターを探したり、書籍を読んだりを
繰り返している時に、あることに気づきました。

「もっと、早く気づけよ・・・オレっ!」

自分で自分に突っ込みましたよ^^;
トップトレーダーはインジケータを使って勝っているという
イメージが邪魔していたんですね。

入門系の書籍を見るとインジケーターよりもトレンドラインや
サポートライン&レジスタンスラインの方が先に書いてあります。
RSIやストキャスティクス、MACDなどは本の目次で言えば
中盤から後半にかけて書かれているんです。

前半部分の基本を読み飛ばすようにして中盤以降の応用編ばかり
集中していました。
インジケーターの情報収集しかしていなかったのです。

重要なことを気づくためには無意識ではダメっ!】で
紹介しましたが、私の検索エンジンにはインジケーターが
入力されていたから他のことは気づかなかったのでしょう。

基本が重要だということに気づいてからはトレンドラインや
サポートライン&レジスタンスラインに集中しました。
ラインを引いて、引いて、引きまくりました。

基本が理解できるようになると自然とインジケーターについても
見え方が違ってきました。
やっぱり基本があっての応用なんだと遅まきながら実感しました。

近道を通ろうと焦ると、かえって遠回りになりますね。
何をやっても上手くいかないなぁと悩んだ時には
基本から再スタートしてみては、どうでしょうか。

PS
メルマガに気づかなかった人もいるでしょうけれど
今週の木曜日に恋スキャの無料オンラインセミナーがあります。
今回もトレードに関する出題がありましたので挑戦して
質問と一緒に忘れずに投稿しましょう。

東京近郊に住んでいない人にとってはオンラインセミナーは
ホントありがたい話です。
それに人数制限もありませんし。

この記事を読んだよ!と、Twitterでつぶやく ⇒ 読んだよ!

初心者向けのアドバイスで稼げるようになろう。
クリックすると人気のあるブログが見つかります。
↓   ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: サポートライン・レジスタンスライン, チャート分析, トレンド   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!