メルマガ登録&優良レポートプレゼント

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レポートプレゼント実施中!



◆あなたがFXで勝てない、たったひとつの理由とは?

FXで自由を勝ち取るためにトレードで役立つ内容をレポートを作成しました。
ぜひ、有効活用してください。
↓     ↓     ↓

あなたのポジションは安全地帯にいますか?

FXをする上で大切なのは資金です。
大切な資金を守るためにはポジションが・・・
安全地帯にいるか?いないのか?を
確認することが重要です。

「今は買いですか、売りですか?」

「買いポジションがありますが・・・・
 どこまで下がり続けるのですか?」

こんな疑問を持っているのは現在の状況がよくわからない
ってことですよね。
分からない時の安全地帯はどこでしょうか?

現金の状態、つまりポジションが無い状態が安全です。
現状がわかっていないのにポジションを持つのは
FXではなく、ただのギャンブルです。

上昇トレンドラインの上側に為替レートがある時は
安全地帯にあるポジションは買いですか、売りですか?

上昇傾向がある状態なので基本は買いポジションが
安全地帯にあります。
シンプルに考えた方がFXではうまくいくことが多いです。
難しく考えて勝てない人はシンプルに考えてみてください。

ここまで読んでくれたトレーダーの中には
「おいおい、まだ説明が足りないだろっ!」
って突っ込みたい方がいるでしょうね^^

突っ込みを入れたくなったトレーダーは
おそらく稼いでますね^^ゞ
何も思わなかった人は、ちょっと危ないかも?

トレンドラインの上側、下側だけでは不十分です。
トレンドラインからの距離もしくは位置が重要になります。

例えばサッカーのフリーキックで考えてみましょう。

ゴールから近い場所であるペナルティーエリア内での
フリーキックは超危険です。
ハーフウェーラインからならどうでしょうか?
得点される可能性は比較にならないくらい減ります。

テレビを見ていても解説者が
「このフリーキックの位置は危険ですね」
と得点される可能性を警告しています。

ゴールからの距離が近いほど得点される危険は増えます。
相手のゴールに近ければ油断さえしなければ得点される
心配はいりません。

同じようにトレンドラインに近い位置か、遠いかで
安全性は変わってきます。
上昇トレンドラインから遠い位置にある時は
その分、ラインまで下げる余地があります。

損切り幅が狭く、上昇トレンドラインからの距離が
遠いポイントで買った場合、ロスカットされた後に
再上昇してしまうって事もあります。

これが
「買ったら下がって、切ったら上がっていった~」
となるトレードパターンの理由のひとつです。
高値つかみもラインから遠い時に起こります。

自分のポジションが安全かどうかの判別法

・上昇トレンドラインの上側にあるか?
・下降トレンドラインの下側にあるか?
・サポートラインの上側にあるか?
・レジスタンスラインの下側にあるか?

上記を確認します。
そして、現在の為替レートとラインとの位置関係を
確認することで判別できます。

※便宜上、安全地帯と表現していますが、
FX投資で100%安全なポジションはありません。
投資はリスク(損失)を取るかわりに
リターン(利益)を得るものです。
100%安全を目指すなら投資は諦めましょうね。

【FX革命の検証】

4時間足では売りサイン継続中。
昨日、
「今日は1時間足をサブで使えば上昇トレンドラインを
下にブレイクした時にエントリーします。」
と書きました。

プラン通りに売っていれば利益確定でニコニコか、
もしくは売りポジション保持中ですね。
FX革命のサインも1時間足ではグッドタイミングで
売りサイン出現してます。

買い目線でいくなら下値を固めている可能性を理由に
サポートライン近くでロングエントリーします。
サポートライン近くで買っていれば損切り幅は小さく、
上手く行けば、それ以上に利益を狙えます。

安全地帯で買いポジションを持つってことです。
逆に売る場合はサポートラインの近くではリスクが高いです。
上に戻る余地が充分にありますから。
売りで狙うなら戻ってきた所かサポートラインを
下にブレイクした時でしょうね。

⇒FX革命の詳細レビューはこちらです。

ランキングに参加しています。
ぜひ、応援お願いします

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: FX革命, チャート分析, トレードルール・手法   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


あなたのポジションは安全地帯にいますか? への2件のコメント

  1. ウタ より:

    コメントありがとうございました!
    200万〜697万の明細はあるのですが、業者に問い合わせてもCSVでの一括取得はできないといわれそのままです。
    画面で20件ずつしか見られないんですよね。
    でも当時の取り引きは同じパターンばかりでした。クロス円を買い向かい、含み損放置でギリギリまで粘って介入などでラッキー利確が多かったです。
    あとは両建てでしのいでいた分の売りの利確がちょこちょこ。
    手法でもなんでもない、ただの我慢大会です。
    英太さんのおっしゃる通り、安全なのはノーポジだと思います。私は瀕死のポジションを1ヶ月以上かかえたりしてました。
    これからはスキャルに挑戦するので、こちらはしっかりパターン分析していきます!

    • 英太 より:

      ウタさん、コメントありがとうございます。

      手法に関しては人それぞれです。
      しかし本気で稼げるようになりたいならトレード記録をつけてみてください。
      手書きでもブログでもOK。

      売買のレートだけでなく、エントリーした理由や
      ポジションを持っているときの感情の揺れなどを
      記録することで後で分析できます。

      取引画面では深い意味での検証は難しいです。
      トレード記録は誰のためでもなく
      ウタさんの生涯の宝物になるはずです。

      がんばってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :

質問フォーム

分からない記事や詳しく解説して欲しいことなど本気で稼ぎたい方は、
お気軽に質問、相談してくださいね。

メール待ってます!